はあちゅう、児童虐待疑惑で警察の訪問を受けるも反論「拡散されているような事実が無い…」

lifestyle

ブロガーのはあちゅうが自宅で警察の訪問を受けたことを明かした。

現在第一子を出産し、SNSでは子育ての様子について発信しているはあちゅう。29日にブログを更新し、自身がインスタグラムにアップした動画が原因でネット上で児童虐待の通報運動が起こったといい、「先ほど、警察の方が3人、自宅に訪ねてこられました」と警察の訪問を受けたことを明かした。

はあちゅうがアップして問題となったのは、ジャンパーに入った子どもがうとうととした瞬間、その反動でジャンパーによってジャンプしてしまうという動画。首が座ったばかりの子どもが寝ているのにも関わらずジャンパーに入れ続けていることへの危険性を指摘する声がネット上で相次いでいたが、警察からは「SNSを確認して、お子さんを愛していらっしゃるのも伝わってくるし、虐待ではないとわかっているのですが…」と言われたとのこと。

子どもを何時間も遊具に乗せていたり、ぐったりしていたという事実はないといい、「ツイッターで拡散されているような事実が無いことを、ブログにも書かせて頂きました」とネット上の誤解を否定していた。

しかし、この投稿にネットからは、「あれ見たら誰でも危ないって思うよ…」「自分にアンチが多いって分かってるのに、なんであんな動画世界に発信するんだろう」「子どもの写真や動画はアップしないほうがみんなのためなのでは…」という声が集まっていた。

嫌がらせには同情の声も多く集まっていたが、子育てに関する過剰な写真や動画発信に疑問を抱くネットユーザーも少なくないようだ。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

最終更新:2020/02/02 00:00

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件