コンビの絆が両極端!? 田村淳が「ロンブー愛」見せるも、蛍原は宮迫を“完全スルー”のワケ

lifestyle

どうにもコンビ愛が感じられないのは気のせいだろうか。

1月29日、お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之がYouTubeチャンネルとオフィシャルブログを開設。闇営業騒動をあらためて謝罪し、テレビ業界復帰を目標としてYouTube活動を本格化させることを明かした。

「宮迫はジャケット姿で登場すると、改めて騒動について謝罪。現在は吉本興業を契約解除となっており、明石家さんまの個人事務所に預かってもらっている状態であることを説明しました。また、『相方の隣に戻りたいです。これはすごい我儘だと思うんですけど』と、蛍原徹とのコンビ活動を再開したい意思を表明しましたが、吉本との話し合いの門戸は開かれているものの、復帰時期についてはまったくの未定だといいます」(芸能ライター)

一方、同じく闇営業問題で活動休止となっているロンドンブーツ1号2号の田村亮だが、こちらは翌30日に相方の田村淳と共に復活ライブを行っている。

「亮は金髪に『NOW REBORN(生まれ変わった)LONBOO』とロゴの入った白のTシャツ、淳は原点に戻る意味を込めた赤髪に同じロゴの黒のTシャツ姿で登場。2人の絆を感じました」(前出・芸能ライター)

淳は亮を復帰させるために、昨年11月1日に株式会社LONDONBOOTSを設立。今後は同社が吉本興業と専属エージェント契約を結び、亮はL社の所属タレントとして所属するという。亮のところまで駆け下りて手を差し伸べた淳を見るにつけ、気になるのは宮迫のために何の動きも見せていない蛍原のそっけなさだ。放送作家が耳打ちする。

レギュラー安泰で、一人の方がメリットだらけの蛍原の本音

「宮迫がいなくなった後も、蛍原はレギュラー番組が減っておらず、はからずともピンでやっていけることが証明されてしまった。一人のほうが実入りもいいし、メリットしかない。あえて吉本の反目に回ってまで、宮迫のために専属エージェント契約を結ぼうなんて気はさらさらないようです」

宮迫が蛍原の隣に立つには、彼が登場しているテレビ画面の隣でYouTube動画を投稿するしかなさそうだ。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

最終更新:2020/02/01 10:30

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件