東出昌大を許せるはずがない!? 杏が10代で経験した極貧生活と家庭崩壊のトラウマ

lifestyle

東出昌大と唐田えりかの不倫が原因で、現在、夫・東出と別居中であることがわかった杏。これまでの杏の苦労を知る関係者からは、彼女を心配する声があがっている。

「父親である渡辺謙の女癖の悪さが原因で家庭崩壊を経験している杏は、東出と幸せな家庭を築こうと努力してきた。にもかかわらず、東出に裏切られた。そのショックは計り知れません」(杏を知るドラマ関係者)

杏の父親である渡辺は、1987年、NHK大河ドラマ『独眼竜政宗』で主演を演じて一躍脚光を浴びた後、映画『天と地と』(1990年)の撮影中に急性白血病を発症して入院。完全復帰する95年まで、妻だったU子さんに支えられ、入退院を繰り返した。

そのため、当初は同情を集めていた渡辺だが、2002年、それまで所属していた劇団「円」から大手プロダクション「ケイダッシュ」に移籍。当時、その理由について「プロ野球でいうFAのようなもの」と語っていたが、真相は、その後発覚する“女性スキャンダル”に備えるためだった。

「移籍前に渡辺は、当時、高知東生と結婚していた高島礼子との“W不倫”を女性週刊誌に報じられた。小さな劇団ではスキャンダルをガードしきれないために、大手のケイダッシュに移籍したと言われています」(当時を知る芸能ライター)

ところが、移籍直後に、今度は妻・U子さんの“借金トラブル”が発覚。子どもたちの同級生の母親や宗教団体から約2億円もの借金をしていたことが明らかになったが、渡辺は借金を肩代わりするどころか、責任をU子さんに押しつけて別居。長男の渡辺大、長女の杏をU子さんに預けたにもかかわらず、生活費も渡さなかったという。

当時、17歳の杏は、モデルとして「サンミュージックプロダクション」傘下の「サンミュージックブレーン」に所属していた。筆者は、事務所の会長だった故・相澤秀禎さんが「杏は、事務所に渡辺謙の娘ということを内緒にしていた。杏のような親孝行な娘は見たことがない」と感激していたのをよく覚えている。相澤会長はなぜそう思ったのか。

「お兄ちゃんを大学に」高校を辞めて家計を支えて働いた杏

杏は、兄の渡辺大に「お兄ちゃんは大学に行って、卒業して。私が高校をやめて働くから」といって、昼間はモデル活動、夜間は飲食店や掃除のアルバイトで家計を支えていたという。結局、母親が、杏の所属事務所にまでお金を借りに来たため、彼女の素性がわかったというが、相澤会長は家族思いの杏に感激していた。

他方、渡辺はU子さんに対して離婚を求めて提訴。ところが、U子さん側は、渡辺が不倫をしていたことを暴露。法廷では、若村麻由美、高島礼子、荻野目慶子、斉藤由貴、池上季実子の5人の女優の実名を挙げて指摘したのだ。渡辺はこれを否定し、05年に離婚が成立したが、芸能史上に残る不倫スキャンダル離婚訴訟となった。

その後、渡辺は、離婚訴訟中に不倫が噂されていた女優・南果歩と再婚。東京・世田谷区に“6億円豪邸”を建て、16年2月に南が乳がんを発症した際は、妻を支える献身的な夫を演じていたが、17年3月、「週刊文春」(文藝春秋)に、21歳年下の元ホステスで、ジュエリーデザイナーのA子さんとの4年以上にわたる不倫関係を暴露され、南を裏切っていたことが明らかになった。

「ご存知の通り、南も渡辺と離婚しましたが、度重なる父親の女癖の悪さを目の当たりにしてきた杏は、父親を反面教師として幸せな家庭を築く夢を描いていました」(前同)

東出と結婚し、3人の子どもを出産。2年前には東京・世田谷区に2億円といわれる豪邸を購入し、親子5人幸せな生活を送っていると思われていたがーー。

父親に家庭を壊されたつらい経験を持つ杏。そのショックは計り知れないだけに、夫婦関係の修復は難しそうだ。

本多圭(ほんだ・けい)

芸能取材歴30年以上、タブー知らずのベテランジャーナリスト。

サイト:記事一覧

最終更新:2020/01/31 06:00

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件