あのアイドルの二の舞? 杏を傷つけた東出昌大&唐田えりかに待ち受ける“ナベプロの報復”

lifestyle

5月に公開され映画『コンフィデンスマンJP-プリンセス編-』以降も芸能活動をしていられるのだろうか。

目下、不倫騒動で世間の注目の的となっているのが、俳優・東出昌大と女優でモデルの唐田えりかの2人だ。

「出演していたドラマ『病室で念仏を唱えないでください』(TBS系)は途中降板。女性誌『MORE』(集英社)の公式サイトでは、モデル一覧からも姿が消えています。彼女はコンスタントにドラマに出演していましたが、それも広末涼子や戸田恵梨香、有村架純を抱える所属事務所の力によるところが大きい。『病室で~』も若手の売れっ子である松本穂香のバーター。唐田クラスで『不倫女なんか使うな!』との苦情がスポンサーに入るリスクを負いながら起用する局はないでしょう」(スポーツ紙記者)

唐田はこのまま芸能界引退となる雲行きだが、その状況は東出も同じ。

「出演していた4社のCMすべてがサイトから削除され、降板する可能性が濃厚となっている。それどころか高額な違約金を請求されそう。5年間の結婚生活のうち3年間も不倫していたとあって、杏に許す気配はない。このまま離婚する可能性は極めて高いでしょうね」(週刊誌記者)

杏の事務所はナベプロ系列、東出を絶対許さない?

また、同記者は「仮に杏と離婚したとなれば、東出は芸能界から完全に抹殺されるかもしれない」と言って、こう続ける。

「杏が所属する事務所トップコートは芸能界に歴然とした力を持つワタナベエンターテインメント系列。昨年末の『FRIDAY』(講談社)によると、同事務所はタレントファーストで有名で、所属タレントを傷つけた人物にはキッチリ報復するのだそう。実際、所属タレントと結婚した後で不倫が発覚して、2年近く謹慎したアイドルがいた。その理由はナベプロが『アイツを使う局には、ウチのタレントは出さない』と激怒したからで、業界内では“ナベプロのタレントと結婚したら離婚はできない”のは有名。唐田はもちろん、東出がこのまま芸能活動を継続できるとは思えません」

“棒演技”と揶揄されることの多い東出。今後も芸能活動を続けるなら、杏に感情のこもった渾身の土下座で許しを請うしかなさそうだ。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

最終更新:2020/01/29 12:00

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件