武漢のために義援金を募った日本の少女が中国大使館を訪問―中国メディア

news

先週末、イベント「東京燈会満月祭」の開かれた池袋西口公園で、肌を刺すような寒風の中、チャイナドレスを着た日本の少女・小美さん(仮名)が深く頭を下げ続けて武漢市のために義援金を募る姿が、日中のネットユーザーの感動を呼んだ。13日午後、彼女は母に連れられて、東京都豊島区日中友好協会の尾崎隆信会長らと共に在日本中国大使館を訪れ、「東京燈会満月祭」で集めた義援金を孔鉉佑駐日大使に手渡した。

孔大使を見ると、少女が先に口を開いた。「大使、こんにちは。私は小美、中学2年生です。今日は皆からの義援金を届けに来ました」。孔大使は一行と親しく握手し、小美に可愛いパンダのぬいぐるみをプレゼントした。「わあ可愛い」という少女の言葉に、居合わせた皆が笑った。

孔大使は「私は皆さん、そして新型コロナウイルスによる肺炎と戦う中国国民に関心を寄せ、支持し、支援してくれている全ての日本の友人に心から感謝の意を表します。あなた方の善意に満ちた一つ一つの行動に、私と同僚達及び全ての中国人は感動しています」と語った。

「現在もなお中国国民は新型肺炎との闘いを繰り広げています。国民の生命の安全と身体の健康を守ることは中国共産党と中国政府の最も重要な任務です。最近、検査手段と治療プランが次第に整い、新設または改築された医療施設の運用が迅速に始まり、湖北省へ支援に駆け付ける医療要員が増え続け、支援メカニズムが着実に実施され、関連制度が続々と定められ、実行に移されるに伴い、中国は新型肺炎対策で前向きな進展を得ています。日本を含む国際社会は我々を力強く支持し、支援してくれています。日本にいたっては自らが新型肺炎対策の圧力に直面している中、政府から社会各界までが困っている中国側に支援の手を差し伸べてくれ、助け合う隣人の道を体現しました」。孔大使は小美に「あなたと若者数人が寒風の中武漢市のために義援金を募っているのを見て、私は強い社会的責任感を感じ、また中日友好が世々代々継承されているのを目の当たりにしました。私たちが手を携えさえすれば、新型肺炎との戦いに必ず勝利できます。その時、皆さんが中国を訪れ、湖北省を訪れ、武漢市を訪れて、黄鶴楼に上り、東湖を遊覧し、熱乾麺を食べることを歓迎します」と語った。

尾崎会長は「最初は、今年予定通り『満月祭』を開催するかどうかについて議論がありました。しかし最後には、今は中国が支持と支援を最も必要としている時であり、友人である私たちが行動を起こすのは当然だとの考えで皆が一致しました。このため私たちは会場内に、新型肺炎と戦う武漢市を支持するブースを特別に設けたのです。小美が仲間たちと共に武漢市のために義援金を募ることを提案しました。2日間の間、彼女らは寒さを顧みず、思いやりを寄せるよう皆に呼び掛け続けました。私はこれが中日友好のあるべき姿だと思います」と語った。

小美は「私は小さい時に母について行き、大連で2か月暮らしました。思い出の中の中国は美しく、中国の友人たちも友好的でした。新型肺炎が発生してから、私は心配になり、皆のために何かしたいと思いました。『満月祭』で募金活動があると聞き、急いで参加を申し込みました。中国の友人たちは必ず困難を克服し、早期に新型肺炎に打ち勝つと信じています。武漢の桜は特に綺麗だと聞いています。新型肺炎がなくなってから、必ず見に行きます」と語った。

その後、小美らは友情の込められた50万円余りの義援金を孔大使に手渡した。孔大使は「相知無遠近、万里尚為鄰」(相知に遠近無く、万里なお隣たり)と自ら記した『中国世界遺産映像記録』を小美にプレゼントした。(提供/人民網日本語版・編集NA)

関連記事

最新ニュース20件