新生アルファタウリ、始動。「僕たちはホンダと同じ目標を共有している」とガスリー

アルファタウリは2月14日に2020年マシンを発表。それに際してドライバーふたりがコメントを寄せた。

スクーデリア・トロロッソ改めスクーデリア・アルファタウリは、2月14日に2020年マシン『AT01』を発表した。カラーリングは白と濃紺を基調としたものに変更されたが、ドライバーラインアップはピエール・ガスリーとダニール・クビアトのコンビを継続し、パワーユニットサプライヤーであるホンダと共に昨年以上の活躍を誓う。

Read Also:

【ギャラリー】名称新たに高みを目指す! アルファタウリ・ホンダ『AT01』

ガスリーとクビアトは、チームの公式サイトにそれぞれコメントを寄せた。

「僕たちは前進を続けなければいけないし、シーズンを通して一貫してポイントを獲得することが重要だと思う。また昨年同様、あらゆるチャンスを掴む必要がある」

そうガスリーは語った。

「昨年はプロのドライバーとしても、いち個人としてもいろんなことが起こったシーズンだった。でもそれによって成長し、多くのことを学ぶことができた」

「昨年はブラジルGPで2位に入り、可能な限り最高の形で1年を締めくくることができた。新しいシーズンが始まることに興奮しているし、昨年終盤の勢いそのままにシーズンをスタートさせたい」

「ホンダが昨年(レッドブルとトロロッソで)成し遂げたことは本当に印象的で、2015年からのハードワークが報われたと思う。僕が中団チームで表彰台を獲得できたということも、ホンダが僕たちに力を与えたということを証明しているだろう」

「彼らは僕たちにさらなるパワーを与えるために懸命に働いていて、とても頼もしい。僕たちは最大限の努力をしている彼らと同じ目標を共有している」

そしてチーム在籍5年目を迎えるクビアトは、次のようにコメントした。

「僕にとってはF1で6年目のシーズンとなる。レースをするのがとても楽しみだ。チームはアルファタウリに名前が変更になったけど、核となるものはそのままで、『AT01』も昨年の『STR14』の進化型だと言える。今のところうまくいっていると思うし、改善を続けて可能な限り前進することが目標だ」

「昨年はホッケンハイムで表彰台を獲得したりと、思い出に残るシーズンになったけど、もちろん改善の余地はあった。今年は特定の目標を設定しているわけではないけど、引き続きより良い成績を目指していきたい」

「(昨年の)中団チームの争いが激しかったことを考えると、僕たちがどのくらい前進できるかを予想するのは難しい。でも僕たちは中団をリードしたいと考えている。全てのレースで良いパフォーマンスを見せられるように取り組んでいけば、昨年のような力強いシーズンになるだろう」

Read Also:

新生アルファタウリ・ホンダ、新車『AT01』発表。白&濃紺の新カラーで狙うは中団最上位【ギャラリー】名称新たに高みを目指す! アルファタウリ・ホンダ『AT01』F1新車”雑感”解説:レッドブルRB16・ホンダ。各所に垣間見える”アグレッシブ”な進化【ギャラリー】ホンダと共に王座へ挑む! レッドブル『RB16』レッドブル・ホンダRB16初走行は「実にスムーズ」。フェルスタッペンがドライブ
0 likes