WRCスウェーデン:エバンスが快走。トヨタ勢が上位に並ぶ

sport

WRC第2戦ラリー・スウェーデンの競技初日を終え、トヨタのエルフィン・エバンスが首位に立った。

WRC第2戦、ラリー・スウェーデンの競技初日は4ステージが行なわれ、トヨタのエルフィン・エバンスが総合首位に立った。

雪不足により多くのステージがキャンセルされ、走行距離が大幅に短くなったラリー・スウェーデン。スタートセレモニー後に行なわれる予定だったスーパーSSもシェイクダウン扱いでの走行となったため、14日(金)から競技が開始されることとなった。

計4ステージが行われたが、エバンスは2ステージでトップタイムを記録。残る2ステージでもセカンドベストを刻み、総合首位につけた。

カレ・ロバンペラも総合2番手に続いていたが、スピンからエンジンストールを喫しタイムロス。それでも総合3番手で初日を終えた。セバスチャン・オジェも安定した走行で総合4番手と、トヨタ勢は3台ともに上位につけた。

総合2番手はヒュンダイのオット・タナク。エバンスとは8.5秒差となっている。開幕戦ラリー・モンテカルロ勝者のティエリー・ヌービルは総合6番手だ。

ヤリスWRCで総合9番手につけている勝田貴元まで50秒差もなく、トラブルひとつで大きく順位を落とすような状況となっている。

競技2日目も、完全に同じステージ構成で4本のSSが行なわれる予定。路面状況の変化に対応できるかが鍵になるだろう。

Read Also:

トヨタWRC、2021年マシンのテストを早くも開始。GRヤリスがベース”雪不足”に苦しむWRCラリー・スウェーデン、8ステージ短縮で開催へWRCと市販車の”関係”とは。得られたアイデアはどう活かされる?昨年トヨタで王座獲得、今年はヒュンダイへ……タナクは新天地でも輝けるか?日毎に成長……WRカーでモンテカルロ初挑戦。勝田貴元の可能性順位#ドライバー/コ・ドライバー クルマ合計タイム差前車との差
133 スコット マーティン Toyota Yaris WRC 30'43.700
28 マルティン ジェルペオジャ Hyundai i20 Coupe WRC 30'52.200 8.500 8.500
369 Jonne Halttunen Toyota Yaris WRC 30'58.000 14.300 5.800
417 ジュリアン イングラシア Toyota Yaris WRC 31'01.500 17.800 3.500
54 ヤンネ フェルム Ford Fiesta WRC 31'04.600 20.900 3.100
611 ニコラス ジルソウル Hyundai i20 Coupe WRC 31'07.300 23.600 2.700
716 ポール ネーグル Hyundai i20 Coupe WRC 31'07.900 24.200 0.600
83 Jarmo Lehtinen Ford Fiesta WRC 31'15.100 31.400 7.200
918 ダニエル バリット Toyota Yaris WRC 31'33.300 49.600 18.200
1028 Mikael Korhonen Škoda Fabia R5 Evo 32'29.400 1'45.700 56.100

関連記事

最新ニュース20件