同情の声続出…?!”離婚後”の藤本敏史が思わず本音ポロリ…「家に帰っても」

news

『カミングアウトバラエティ 秘密のケンミンSHOW』(日本テレビ系)では2月13日、

フジモンことFUJIWARAの藤本敏史が出演しました。

同番組に出演した藤本が離婚後の心境を吐露していたのですが、視聴者やネットから”同情”の声を集めているようです。

同番組では今回、岐阜県の名物「鶏ちゃん」を特集していました。

「鶏ちゃん」とは、鶏肉とキャベツを甘辛いソースで炒めた料理のことで、

同県民にとってはお酒のお供に欠かせないのだと紹介されていました。

そんな中、同県出身のタレント・清水ミチコは「鶏ちゃん」の食べ方について、

キャベツと鶏肉を別個に食べずに、一緒に食べると詳しく解説している最中、

「別れないほうがおいしい」と加え、番組冒頭から藤本を振り返り「あ、ごめんね」とイジる場面がありました。

冒頭からタレントの木下優樹菜と離婚した藤本をイジる出演者に対して、

MCを務める久本雅美が、「いまのは関係ない。気にしないで」と諭されるも、「気にするわ」とツッコむ藤本。

また実食のシーンでは、思わず本音を漏らしてしまう一幕も…。

「悲しいことを言いますけど…」と前置きしたうえで、「家帰っても飯ないんでね!」と言及すると、

爆笑する久本に「(どうせ)悲しさ分からんでしょ」とツッコミを入れつつ、

離婚後の心境を語っていた藤本は、だいぶヤケな様子を見せていました。

離婚してからもバラエティー番組に引っ張りだこの藤本。

このやりとりに、ネットからは「まだ傷が癒えてない感じがすごい出てる…」

「帰っても一人って、そりゃつらいよね」と同情の声が相次いでいました。

一方、全てをネタにする様子には、”芸人魂”を見せる藤本に称賛の声も上がっていました。

離婚後、他番組でも自らイジられにいくような姿勢を見せる藤本。

まだ傷が癒えていない様子の藤本ではありますが、今後もネタにしつつバラエティー番組で活躍していってほしいと思いますね!

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件