城島茂がSixTONES森本に継承式!? 『ザ!鉄腕!DASH!!』高齢化TOKIOをリストラの前触れか

lifestyle

2月24日放送の日本テレビ系『ザ!鉄腕!DASH!!』に、SixTONESの森本慎太郎がゲスト出演し、TOKIO・城島茂から“ヌタウナギの内蔵を抜く方法”を伝授される場面があった。まるで、ベテラン職人が弟子に奥義を継承するかのようなこのシーンについて、テレビ局関係者はこんな見解を示す。

「今年の11月で50歳になる城島さんは、野外での過酷なロケもそろそろキツくなってくるころ。TOKIOの他のメンバーも含めて、高齢化が深刻化していて、今の番組の方向性は難しいと言われ始めています。そういう意味では、森本さんへの“継承式”は結構ガチなんじゃないかと思います。今後はどんどんジャニーズの若手にロケをさせようという流れになっていくのではないでしょうか」

2018年に山口達也がTOKIOを脱退して以降、同番組ではジャニーズ事務所所属のタレントがゲスト出演することが増えている。関ジャニ∞の村上信五や嵐の二宮和也といった人気者や、V6の坂本昌行などのベテラン勢も出演しているが、一方で前述したSixTONESの森本や関西ジャニーズJr.の草間リチャード敬太といった知名度が低い若手の抜擢も多い。

「山口さんの穴埋めという大義名分があったことで、人気の高いゲストを呼びやすくなったというのは事実です。それと同時に、これから売り出したい若手をねじ込むこともできるようになった。『ザ!鉄腕!DASH!!』のような息の長い人気番組に出演することの宣伝効果はかなり大きいですからね。山口さんの枠をジャニーズ事務所が“宣伝枠”として、活用しているわけです」(同)

今後は、TOKIO以外のジャニーズタレントが出演する機会がどんどん増えていきそうだという。

「おそらくジャニーズ事務所としては、『ザ!鉄腕!DASH!!』をTOKIOの番組から、ジャニーズ全体の番組へとシフトさせたいんだと思います。長年継続している企画もあるし、番組的にはそう簡単に路線を変えるわけにはいかないけど、高齢のTOKIOにはロケが難しい。そういった事情を利用して、ジャニーズ事務所がプッシュしたい若手を番組にどんどん送り込んでいるということです。このまま徐々にTOKIOの出演機会を減らして、SixTONESやSnow Manなどの若手の出演頻度を高めていって、ゆくゆくはジャニーズの若手がロケをする番組にしていきたいという思惑があるのではないでしょうか。

ジャニーズとしては、地上波のゴールデンタイムに若手を自由に出せる番組があれば、メリットはとてつもなく大きい。しかも、その枠がある程度の数字が見込める老舗番組なのですから、ジャニーズもこのチャンスを最大限に活かしていきたいと思っているはずです」(同)

山口の脱退という不祥事も利用して、世代交代を進めようとしているジャニーズ事務所。このままTOKIO全体が番組からリストラされる日も近いか。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

最終更新:2020/02/27 10:30

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件