ラオスの古都ルアンプラバンの朝市

news

25日、ラオスの古都ルアンプラバンの朝市で、新鮮な野菜や果物を売る行商人。(ルアンプラバン=新華社配信/Kaikeo Saiyasane)

【新華社ルアンプラバン2月27日】観光名所にもなっているラオスの古都、ルアンプラバンの朝市は、地元の人々が好んで食べる野菜や果物、魚、昆虫などが売られており、同地を知るための窓口にもなっている。

25日、ラオスの古都ルアンプラバンの朝市で、新鮮な野菜や果物を売る行商人。(ルアンプラバン=新華社配信/Kaikeo Saiyasane)

メコン川沿いに位置するルアンプラバンは、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界文化遺産に登録されている。長く古代ラオスの首都だったが16世紀半ば、ラーンサーン王朝のセーターティラート王がビエンチャンに遷都した。(記者/章建華)

25日、ラオスの古都ルアンプラバンの朝市で、新鮮な野菜や果物を売る行商人。(ルアンプラバン=新華社配信/Kaikeo Saiyasane)

25日、ラオスの古都ルアンプラバンの朝市で、新鮮な野菜や果物を売る行商人。(ルアンプラバン=新華社配信/Kaikeo Saiyasane)

25日、ラオスの古都ルアンプラバンの朝市で、新鮮な野菜や果物を売る行商人。(ルアンプラバン=新華社配信/Kaikeo Saiyasane)

25日、ラオスの古都ルアンプラバンの朝市で、新鮮な野菜や果物を売る行商人。(ルアンプラバン=新華社配信/Kaikeo Saiyasane)

タグ: 新華通信社

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件