ハニ棚田で春の農作業 雲南省元陽県

news

19日、棚田を耕し、あぜを補修する雲南省元陽県新街鎮黄草嶺村の人々。(昆明=新華社配信/竜俊)

【新華社昆明2月27日】中国雲南省紅河ハニ族イ族自治州元陽県は現在、感染予防・抑制と春の農作業を着実に行い、双方とも成功させるために地元住民らを積極的に指導している。

同県はハニ棚田が持つ自然資源の優位性を生かし、水田で魚を飼育する「稲漁総合栽培・養殖方式」を積極的に取り入れている。同方式による栽培・養殖モデル区は過去3年間で8千ムー(約533ヘクタール)に達した。(記者/曾維)

19日、棚田を耕し、あぜを補修する雲南省元陽県新街鎮黄草嶺村の住民。(昆明=新華社配信/竜俊)

19日、雲南省元陽県新街鎮黄草嶺村の全景。(昆明=新華社配信/竜俊)

タグ: 新華通信社

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件