熊谷俊人千葉市長が全国一斉休校の判断に苦言「社会が崩壊しかねない」

lifestyle

衝撃の報道。全国一斉春休みまで休校…いくらなんでも…。医療関係者など社会を支えている職種の親はどうするのか。社会が崩壊しかねません。

私達のこの間の悩んだ末の検討が全て吹っ飛びました。なんとか社会を維持する方策を週末に考えます。

— 熊谷俊人(千葉市長) (@kumagai_chiba) 2020年2月27日

医療関係者や福祉関係者、警察・消防など社会を支える職種で、親等に預けられない事情を抱える方々を何とかしなければ…。学童保育も同じく閉鎖するしかなく、中学生や小学校高学年はまだしも、そうした職種の方は低学年を家に置いておくことになります。それは別の意味で危険です。何か検討します。

— 熊谷俊人(千葉市長) (@kumagai_chiba) 2020年2月27日

低学年と特別支援学級を中心に、保護者が対応できないケースについて学校で、感染防止に十分配慮した上で預かる方向で検討します。詳細は整理してお伝えします。

— 熊谷俊人(千葉市長) (@kumagai_chiba) 2020年2月27日

夏休み等と比較している人がいますが、長期休暇は学童保育が受け止めています。学童保育を年間で申し込んでも夏休み等の長期休暇のみ利用という家庭も多いのです。感染予防という観点であれば学校より密度の高い学童保育は当然閉鎖で行き場が無くなります。低学年が家に孤立することだけは防ぎます。

— 熊谷俊人(千葉市長) (@kumagai_chiba) 2020年2月27日

学校を一斉休校にして、親が満員電車に乗って仕事をして帰ってきたら意味が無いので、企業活動を原則2週間止める、さらに公共交通機関の対処をして、その上で学校という順番です。感染リスクも大人の方が高いです。学校がこうなるということは当然そうした判断と受け止めています。

— 熊谷俊人(千葉市長) (@kumagai_chiba) 2020年2月27日

この政府の無能さを実感しました。

共働きを推奨しといて、休業保証の話もなくこれですか。

自治体の長としての市長の目論見が見えてたので、胸中察します。

— すずきさま (@kokeshi0528) 2020年2月27日

スペイン風邪のときに、

直ちに教会、学校、娯楽施設を閉鎖した都市→市中発症率2.2% 死亡率0.3%

すぐに閉鎖しなかった都市→市中発症率10.8%になり慌てて閉鎖、死亡率0.73%(死者15000人、倍以上)

— 5791299tumi (@7519tumi) 2020年2月27日

イタリア、フランス、香港、北京、タイ、韓国、どの国や地域でも休校措置は取られています来週から新型コロナの検査が保険適用になり、30分で結果が出るようになります。その時、今の韓国と同等以上の感染者が見つかるでしょう。(今日韓国は500人出ました)その数字を見込んだ上での措置でしょうね

— 5791299tumi (@7519tumi) 2020年2月27日

みなさんは国の判断をどう感じましたか?

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件