野村萬斎の長女採用のTBSにかつて「コネは懲りた」と言わせた伝説的な“あの現役女子アナ”

lifestyle

狂言師の野村萬斎の長女・野村彩也子が、TBSの女子アナとして採用されていたことが判明。女子アナの“一般人枠”がどんどん狭まる傾向に歯止めが利かなくなっている。

今春TBSに入社した野村彩也子は、慶應義塾大学の環境情報学部出身。在学中にはミス慶應SFCコンテストでグランプリに輝いたほか、父と共にKUMONのCMにも出演した経験の持ち主だ。女子アナウォッチャーがいう。

「近年の女子アナ採用のキーワードは、“元タレント“と”二世“です。元タレントで例を挙げれば、市來玲奈(日本テレビ)と斎藤ちはる(テレビ朝日)はいずれも元・乃木坂46ですし、過去をたどれば紺野あさ美(テレビ東京)、平井理央(フジテレビ)は元アイドル。このほか岩田絵里奈(日テレ)、宮澤智、内田嶺衣奈、久慈暁子(いずれもフジ)なども、女子アナになる前にタレント活動をしていました。

一方、二世も多く、高橋真麻や永島優美(いずれもフジ)はいずれも著名人の娘です。野村萬斎の娘は、この条件を両方満たしていますから、女子アナ採用のトレンドにしっかり乗ったものといえるでしょう」(同)

女子アナは採用倍率が1,000倍以上にも達する憧れの職業だが、大事なのはコネということ。ただ、野村彩也子を採用したTBSは、過去にコネで痛い経験をしたことがあるという。キー局関係者は言う。

堺正章、みのもんたに立て続けに嫌われたTBSのコネ入社女子アナとは?

「テレビ局は、女子アナに限らず昔からコネ入社が極めて多い業界ですが、当時のTBSの幹部に『コネ入社の女子アナは懲りた』と言わしめたのが、1998年入社の外山惠理です。さる筋の紹介によりTBSに入社した外山は、人気番組だった『チューボーですよ!』に起用されましたが、司会の堺正章とまったく反りが合わず、わずか半年でクビに。その後、みのもんた司会の『どうぶつ奇想天外!』に起用されましたが、これまた相性が悪く、あっという間にクビになりました。

その後、ラジオで永六輔の番組に起用され、永に気に入られてラジオに居場所を見つけましたが、ほとんどテレビで顔を見ないにもかかわらず、昨年週刊誌が行った『テレビ業界人が選ぶ嫌いな女子アナ』ではしっかりTOP10に入っていましたから、ある意味“レジェンド”です」(前出・関係者)

野村萬斎は東京五輪の開会式と閉会式との総合統括を担当しているが、開催の中止・延期と共に娘の活躍ぶりも気になる日々だろう。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

最終更新:2020/03/18 06:30

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件