既婚の「美人カリスマモデル」に薬物疑惑が浮上! 麻布のクラブのトイレで入れ替わり…

news

有名タレントYの薬物疑惑が出てきた。

Yはモデル出身で多くの雑誌などのモデルなどを務め、CMやタレント業などをそつなくこなし、働く女性から多く支持されている。私生活も順調だと思われるYに、どのような疑惑が出ているのであろうか。

「Yはお家騒動が持ち上がっている大手プロダクション内で結構冷遇されていた1人です。その理由の一つには本人の行動で、違法薬物大麻を吸引しているという噂があるのです。家では良い母親ですが、一歩外に出れば元々遊び人だった性格が出てしまうのか、結構自由奔放な生活をしています。それを何度もプロダクションの幹部から注意をされていたのですが、聞く耳を持たなかったそうです」(週刊誌記者)

また、この芸能記者はYの大麻経験は長いとも付け加える。

「彼女が違法薬物を覚えたのは交友関係からです。芸能界でも怪しい噂の絶えないXと非常に仲が良くて、二人で遊びだしてから……ということなので結構ベテランの域に達しています」(前出週刊誌記者)

このXについてはトカナでも既に報じている。

「Yは結婚して子供もいます。しかし、夫婦関係はお互いの遊びが原因で既に破綻しているとも噂されており、仮面夫婦と言われています。夫も違法薬物を含めて様々な疑惑にある人間だから、そこは納得できますね。Yは麻布十番のクラブに出入りしているのですが、そこが怪しい筋が使う店として警視庁組対四課や五課などに常にマークされています」(前出記者)

そのクラブは看板などもなく、当然口コミが書かれることも無い秘匿性の高い会員制のクラブだとも週刊誌記者は付け加える。

「そこに4、5年前に会員と一緒に入ったことがあるのですが、レゲエなどの音楽が掛かり、怪しげな人間がYも含めて踊っていました。時間が経つとトイレに入って、ある程度時間が経ったらトイレから順番に出てくるというようなことを繰り返していました。

また、VAPEと呼ばれる電子タバコを吸っていた人間も当時から多くいましたね。当然その中にYの姿も目撃しています。

今、思い返せばトイレの中でコカインをやって、フロアで当時は最先端だった大麻リキッドを吸っていたのでしょうね」(前出記者)

現在、大麻はバッズと呼ばれる花穂の部分ではなく、葉からある装置を使って抽出するTHC(テドラヒドロカンナビロール)が巷に出回っている。だがそれらが表に出回る前に、違法薬物愛好家はその情報を入手し、その現物を使っていたのだ。

Yの大麻の吸引疑惑は果たして表沙汰になるのだろうか。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件