新型コロナで五輪中止が現実味、「都政に興味なし」小池都知事がまさかの不出馬も

lifestyle

「私自身(3月)26日には福島を訪れて、聖火リレーでスタートに立ち会わせていただきたいと考えています」

安倍晋三首相は14日の記者会見でそう述べ、新型コロナ感染拡大による東京五輪(7月24日開幕)への影響を火消ししてみせた。

延期の現実味を帯びたのは、10日の米ウォールストリートジャーナル紙インタビューで、五輪組織委員会理事の高橋治之氏が「1、2年延期するのが現実的」「2年後の延期が容易」などと言及してから。

「電通出身の高橋氏は、1984年のロサンゼルス五輪から日本のスポーツビジネスを牽引してきた御仁。とりわけFIFA(国際サッカー連盟)にはずっぷりと食い込んでおり、この発言は関係者への根回しが済んだものと勘繰られています」(五輪担当記者)

もっとも、組織委の森喜朗会長は「高橋さんに電話したら『申し訳ない。口が滑ってしまった』と言っていた。計画を変えることは考えていない」と即座に否定。森氏は安倍氏とも連携し、”強行開催”へ向かっているわけだ。

だが、昨年11月のマラソン・競歩会場の急転直下の変更でわかる通り、IOC(国際オリンピック委員会)の意向は絶対。日本政府がどう意気込もうが、関係ないことだ。担当記者が解説する。

「IOCのバッハ会長は『WHO(世界保健機構)の助言に従う』と中止を視野にいれた発言をし始めています。2年延期すると22年2月の北京冬季五輪の後ということになり、そのまた2年後にはパリ五輪があるわけで、開催の機運は高まらない。『開催都市契約』には『本大会が2020年中に開催されない場合』にIOCは中止する権利があると明記されていますから、延期より中止の可能性が高い。その有無は5月には発表されるでしょう」

小池都知事は都政に興味なし?五輪中止が決まれば…

そこで”政治カレンダー”が狂ってくるのが、7月5日投開票の東京都知事選だ。小池百合子東京都知事は再出馬の表明こそしていないが、再選は固いとみられている。自民党東京都連や野党は候補者選定を急ぐが、決め切れないのはそのためだ。ただ都政担当記者が語る。

「小池氏は東京選出の国会議員でありながら、市場移転や五輪にまるで興味を持ってこなかった。その問題に取り組み、都議との泥臭い論戦に耐えてきたのも、五輪という国際舞台に立ち会いたいからこそ。飽きっぽい小池氏のことですから、都政改革だけのために続投するとは考えにくい。五輪中止が決まれば一期だけで勇退するかもしれません」

67歳という余力を残し、次に目指すのは「女性初の総理」といきたいところだがそうもいかなそうだ。

「安倍氏は1歳下ですし、ポスト安倍が視野に入る石破茂氏にせよ岸田文雄氏にせよ年下で、もう世代交代の時計の針が戻ることはないでしょう。知事になる前は、日本ウェイトリフティング協会会長を務めていましたから、IOC委員など国際的権威のあるポジションを狙うことになりそうです」(同前)

「アンダーコントロール」と安倍氏が述べてモノにした東京五輪。その狂騒曲から、国民はそろそろ目を覚まそうとしている。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

最終更新:2020/03/17 00:30

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件