天気予報の精度が落ちるかも? 航空便減の影響

news

航空産業と天気予報の知られざる関係。

新型コロナウイルスが世界的なパンデミックと化した今、航空便のキャンセルが相次いでいます。ウイルスが広がるのを防ぐために各国が厳しい渡航制限を設け、社会的距離を確保するよう呼びかけている中、不要不急の空の旅は当然自粛する人が多いようです。

そのため、航空会社各社は深刻なダメージを受けています。米サウスウエスト航空の乗車率はわずか20% 。米デルタ航空のCEOは「需要の急激な減少はいままで見たことのないほど」だと話し、イギリスの格安航空会社イージージェットはすでに全フライトをキャンセルしています。

フライト数がこのまま減り続けると、航空産業が損失を被るだけでなく、天気予報の精度に影響する可能性も出てきそうです。

空飛ぶ気象観測装置

じつは、航空機は常に天気予報センターにデータを送り続けています。

1機につき1日送信できる気象観測データは23万件にものぼり、地上から上層大気圏の空模様を知る唯一と言ってもいい手がかりとなっています。大気圧・温度・雲の高さなどの情報は、すべて天気を予測するうえで重要。航空機から送られてくるこれらの気象データのおかげで、気象予報士の6時間毎の気象予報のエラー率が15%から30%減ったとする研究結果もあるほどなのです。

ヨーロッパの懸念

ヨーロッパ中期予報センター(ECMWF)が3月24日付で発表したプレスリリースでは、航空機からの気象データは衛星データに次いでいかに重要であるか、また今後情報量が減少すると気象予報の精度が低下しかねないことに言及しています。ECMWFは「Euro」という世界的にも屈指の精度を誇る気象予測モデルを運営していますが、もし航空機からの気象データが途絶えてしまったとしたら、Euroを使っている気象予報士たちは目隠しされたも同然になるでしょう

ECMWFによれば、3月3日から23日の期間中、ヨーロッパ上空を飛ぶ航空機から提供があった気象レポートは以前より65件減少し、さらに全世界でのレポート数においては42%減少したそうです。このように航空機からの情報が減少している中で、導入したばかりの気象衛星群が多少は補ってくれると期待されているものの、今後も新型コロナウイルスのパンデミックが収束しないかぎりはフライトがさらに少なくなり、世界中での気象予報の精度に影響しそうです。

ECMWFのプレスリリースを受けて、アメリカの気象予報士・Andrew Markowitz氏も以下のようにツイートしています。

We like to say weather can’t stop, won’t stop for anything but COVID has unintended consequences in the weather sector. Reducing the number of aircrafts limits the amount of data being ingested into NWP models, leading to less accurate model forecasts.https://t.co/PUKeweB8os

— Andrew Markowitz (@amarkowitzWX) March 24, 2020

天気予報がトメられないヤメられない……と私たちはよく言うが、残念ながらCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)はお天気業界にも意図しない結果を及ぼしている。航空便の数を減らせば、NWP(数値気象予測)モデルに入力するデータ量が限られてしまい、気象予報の精度が損なわれるだろう

アメリカの楽観

一方、ECMWFの気象予測モデルのライバルである「GFS」を運営するアメリカ国立気象局(NWS)は、航空機の減少に伴う影響は現時点ではまだ数値化できないとしています。

航空便の減少は一部の限られたフライトや路線のみで起こっており、確かに民間旅客機は減っているものの、貨物機からの貴重なデータはまだ受け取れている状態だ。

民間機から自動的に送られてくる気象レポートは気象予測モデルにとって大変貴重な情報ではあるが、同時に膨大な量の観測データを地上の観測ステーション、レーダー、衛星、海洋気象ブイ、または気象観測気球など様々な情報源からも取得しているため、民間フライトの減少は必ずしも気象予報士の予測の精度を下げるものではない

NWSの広報ディレクター、 Susan Buchanan氏は米Gizmodoにメールでこう答えています。

NWSは近々新たな気象衛星群を導入する予定なので、民間機の減少に伴う情報ギャップをここでも埋められると期待しているのも事実。

ただ、ECMWFのプレスリリースにはNWSを管轄下に置くアメリカ海洋大気庁の情報専門家、Christopher Hill氏のコメントも載っており、こちらはあまり楽観的ではない様子です。

今後数週間はU.S. AMDAR(直訳:アメリカ航空機気象データ伝達システム)から供給されるデータ量は著しく減少するだろう。数値気象予測モデルのアウトプットにも何らかの影響がある可能性が高い

このまま数週間はパンデミックの行方も、お天気も、先行き不透明なままでしょうか。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件