長野県のおやど、事業停止 ホテル木曽温泉の指定管理業者、コロナ影響

news

東京商工リサーチによると、ホテル木曽温泉の指定管理業者であるおやどが事業を停止したことがわかった。 おやどは、2010年4月に設立。資本金は40万円。負債総額は3,000万円。長野県で初の新型コロナウイルス関連の破綻となる。

御嶽山の登山口に立地し、宿泊のほか日帰り入浴なども提供し、2013年3月期には売上高約7,100万円を計上していた。2014年9月に御嶽山が噴火して以降は利用客が減少し、2019年3月期の売上高は約4,000万円まで低下していた。今シーズンは、新型コロナウイルスの影響で利用客の減少が加速し、事業継続を断念した。

ホテル木曽温泉は、和室19室、洋室5室の計24室の客室を有する。茶褐色の木曽温泉の露天風呂、内湯の評価が高い。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件