星野源、タイアップ曲に対する“ポリシー”に反響「なるほど」「説得力ある」

news

(c)E-TALENTBANK

3月31日深夜放送のニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』に出演した星野源が、タイアップ曲に関する持論を語った。

番組の中で、星野は、ヤバイTシャツ屋さんの「泡 Our Music」という楽曲が、川口春奈出演のシャンプーのCMに起用されていることに言及。その上で「僕、自分も曲を作るし、タイアップもやったりするから、あれなんですけど」と話し始めた。

続けて「タイアップソングの全く関係のない曲は、わりと苦手なんですよ」「タイアップのためだけの曲っていうのも苦手なんですよ」と語り、「アーティストなりバンドなりが、自分の音楽の歴史の流れと、そのタイアップ先の会社の要素っていうものを、自分の魂を売らずにコミットして」「詞だったり、曲調だったりっていうものに対して、どっちも無下にせず、かつ魂を売らず成立させてる曲フェチなんですよ」とコメント。

さらに「なので、そういう曲を見つけたり聴いたりすると嬉しくなるんです」「自分もそうしてる…いつもそうしようと思ってるんですね」と明かし、「せっかくタイアップするんだったら、全く関係のない曲を提出するのではなく、でもかといってそれだけになると全然面白くないから」「自分の音楽の流れの中で、その要素っていうものを、ちゃんと自分の作品の魂を売らないように作る」などと持論を語っていた。

この放送に対し、ネットでは「なるほど」「説得力ある」「色々考えてるんだなぁ」「非常に心にささりました」「良いポリシー」といった反響があった。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件