中国初の胚移植による高泌乳ラクダの繁殖に成功 内モンゴル自治区

news

アルシャー盟でラクダの採精と品質評価、胚の採取と移植などの技術について解説するイラン・テヘラン大学のアミール教授。(資料写真、アルシャー=新華社配信)

【新華社フフホト4月1日】中国内モンゴル自治区アルシャー盟の内モンゴルラクダ研究院は3月27日、同盟内でこのほど2頭のラクダが胚移植により誕生したと明らかにした。同研究院が1年間余りにわたり取り組んだ高泌乳ラクダの胚移植実験は成功を収めた。実験に参加した研究者と中国畜牧業協会ラクダ分会などの権威的機関の専門家は、高泌乳のラクダの胚移植実験が中国で初めて成功したと表明した。(記者/葉紫嫣)

アルシャー盟でラクダの採精と品質評価、胚の採取と移植などの技術について解説するイラン・テヘラン大学のアミール教授。(資料写真、アルシャー=新華社配信)

アルシャー盟でラクダの採精と品質評価、胚の採取と移植などの技術について解説するイラン・テヘラン大学のアミール教授。(資料写真、アルシャー=新華社配信)

乳を飲む胚移植で生まれた子ラクダ。(資料写真、アルシャー=新華社配信)

胚移植で生まれた子ラクダ。(資料写真、アルシャー=新華社配信)

胚移植で生まれた子ラクダ。(資料写真、アルシャー=新華社配信)

顕微鏡で見たラクダの胚。(資料写真、アルシャー=新華社配信)

タグ: 新華通信社

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件