製品認証・基準の差異が協力を妨げてはならない=外交部

news

外交部の華春瑩報道官は1日、北京での定例記者会見で、「新型コロナウイルス対策の物資供給において、各国・地域の製品に対する認証・基準の差異などに関する問題もあるが、これらの問題が協力の妨げとなってはならない」と述べました。

報道によりますと、米食品医薬品局(FDA)は、医療現場で使われる「N95」マスクの中国での代替品である「KN95」マスクが米国内に入ることを拒否しているということです。

これを受けて、華報道官は「当面の情勢において、マスクは各国が非常に必要としている物資であり、中国国内での需要も大きい。中国企業は昼夜を問わず、フル稼働で生産し、国内の需要を満たすと同時に、外国のことも可能な限り支援している。確かに、国・地域によって製品に関する認証・基準は異なるが、これらが感染対策物資に関する協力の支障となってはならない」と述べました。(提供/CRI)

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件