中国の新型肺炎AI診断技術、日本の病院を支援

news

【新華社杭州4月2日】中国の電子商取引(EC)大手アリババグループ傘下の医療サービス企業「阿里健康」は3月31日、日本の医療IT企業「日本ブレーン」が新型コロナウイルスによる肺炎に関する中国の人工知能(AI)診断技術サービスを日本国内の病院に提供することを明らかにした。医師がCT画像診断を通じて新型肺炎のスクリーニングが迅速にできるようサポートする。

この技術は阿里健康が阿里雲(アリババクラウド)、達摩院(DAMOアカデミー)と共同で開発。既に中国の170近い病院で導入されている。1回のCT画像診断が20秒ででき、結果の正確度は96%に達する。

阿里雲はこのほど、新型肺炎AI診断技術を世界中の病院に無償提供すると発表した。

日本ブレーンによると、日本の医師はクラウド上のシステムを通じて新型肺炎AI診断技術が利用できる。医師が新型コロナウイルスの感染疑いがある患者のCTスキャン画像をアップロードすると、すぐに分析に基づく補助診断結果が届く。阿里健康によると、これまでに達摩院や阿里雲と共同で、世界数十カ国に新型コロナウイルスの感染対策に関する技術や経験を提供している。(記者/夏亮、李濤、黄篠) 

タグ: 新華通信社

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件