新型コロナウイルスに命ず! 溶けよ、崩壊せよ、死ね、呪われよ!「キリスト教福音派のコロナ対策」徹底解説!

news

「祈りの力で新コロナウイルスから救われる!」と宣言したケネス・コープランド牧師については、すでにTOCANAでも報じているが、果たして本当に癒されるのか!? 政権存立さえ左右すると言われ、トランプ大統領の強力な支持基盤であるキリスト教「福音派」のCOVID-19対策について、宗教・オカルトの専門家・神ノ國ヲが徹底解説!

――実際に癒されたのでしょうか?

(神ノ國ヲ) コープランド牧師は3月12日にテレビ番組で「癒しの祈り」を行っています。しかし、彼の祈りによって新型コロナウイルスから回復した事例は報告されていません。放送後に発表されたコープランド牧師の声明によれば、神が彼に現われて「全米各地で祈るクリスチャンによって、新コロナウイルスは圧倒され、ほどなくパンデミックは終わるだろう」と告げたそうです。コープランド牧師によれば、「米国を救うのはクリスチャンだ!」そうです。彼の「祈りの力」を妨げたのは、トランプ大統領が垣間見せた「ヘイト」であるとも批判していますね。

ちなみに、このコープランド牧師は、2018年にはホワイトハウスに福音派の指導者の一人として招かれるほど、政権に近い人物です。祈りが効かないのは政権のせい、というのは、ちょっと滑稽ですね。

――他にも「対コロナ祈願」牧師がいるとか?

(神ノ國ヲ) たとえば、メガチャーチ「エル・レイ・ジーザス教会」の指導者「使徒」ギレルモ・マルドナドは、1月にホワイトハウスを訪れています。同教会は、フロリダ州マイアミにあり、毎週2万人が参列する全米最大のヒスパニック系の教会です。この教会はトランプ大統領「再選」のためにイベントを開催したと言われ、米国の宗教法人法と税法違反の疑いがもたれています。事実、ロイター通信などが報じていますね。「福音同盟for トランプ」を立ち上げる話まであります。そして、この教会の指導者マルドナド牧師は、3月17日に英語とスペイン語でYouTube上にショートメッセージを公開しました。

「また日・月・星に兆あらん。地にては國々の民なやみ、海と濤との鳴り轟くによりて狼狽へ、人々おそれ、かつ世界に來らんとする事を思ひてきもを失はん。これ天の萬象ふるひ動けばなり」(ルカ福音書21:25-26)

マルナルド牧師は、「ルカ福音書」を引用し、今回のパンデミックは「聖書に書かれていることだ」と断言しています。そして「全能なるイエスの御名によって、我、新型コロナウイルスに命ず! 溶けよ、崩壊せよ、死ね、呪われよ!」と語っています。マルナルド牧師は、防疫対策としての「教会閉鎖」に反対し「そんな考えは悪霊のものだ!」とも発言していました。しかし、その後「人々のために」方針を転換したようです。

――さらにヤバい牧師がいるんですか?

(神ノ國ヲ) 読者諸賢ならばご存知でしょう。ロドニー・ハワード・ブラウン牧師です。2017年、トランプ大統領に「按手(あんしゅ)」した福音派牧師の一人です。按手とは、古代より伝わるキリスト教の儀式で、手を置いて祝福し、聖霊の力を継承させるものです。このブラウン牧師は、アメリカでは「極右勢力」としても有名な人物です。彼は南アフリカで生まれ育ち、1989年に家族と一緒に米国に移住しています。ブラウン牧師のリバー教会は、天使や神の言語といわれる「異言」での会話、また集会参加者が、突然笑い始める「聖笑」現象で知られた牧師です。2015年前後の「ジカ熱」も癒せると主張していました。

このブラウン牧師は「フロリダ州もアメリカ国家自体も癒す!」「教会が閉じるのは空中携挙(くうちゅうけいきょ、キリスト再臨時に信者が空中に浮上する現象)の時だけだ!」と公言し、3月15日の礼拝では、教会閉鎖に対抗して、参列者に握手するように求めています。

このほか、ルイジアナ州でも政府指示を無視したトニースペル牧師が警察から警告を受けています。同牧師は、祈りによって「ガンとHIVを癒す!」と主張している人物です。

――今後どうなるのでしょう?

(神ノ國ヲ) 実は、いまアメリカでは「教会が政府指示に従うか否か」で、憲法論争にまで発展しています。「信教/良心の自由」「集会の自由」「表現の自由」の問題です。とくに、「宗教的な集会」に関する米国「憲法修正第1条」の解釈が議論となっています。戒厳令まで遠くない気がしますし、一触即発の状態です。米国では「陰謀論」も流行っていますが、著名牧師たちの動向を見る限り、彼らはむしろ「感染拡大」に寄与しています。

韓国カルト「新天地」の事例もありました。果たして、パンデミックに潜む「悪霊」とは、何を意味するのでしょうか。「集団免疫」を目指すという説もありますが、聖書において「悪霊」の別名は「レギオン:大勢」なのです。もはや手遅れの段階に来ているのかもしれません。

参考:「The Daily Beast」、「The Washington Post」、ほか

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件