京急本線泉岳寺-新馬場間の連続立体化工事が認可…品川駅を地上化 完成は2029年度

car

東京都建設局は4月1日、京浜急行電鉄(京急)本線泉岳寺~新馬場間の連続立体化工事について、国土交通省から同日付けで都市計画事業の認可を受けたことを明らかにした。2020年度中に着手する。

この工事は、都市計画区間としている東京都港区高輪2丁目から同品川区北品川2丁目までの約2.0kmのうち、約1.7kmを事業区間として連続立体化するもので、泉岳寺方の約0.4kmが地下・掘割区間、品川駅付近の約0.3kmが地平区間、新馬場方約1.0kmが高架区間とされる。

このため、現在高架上にある品川駅のホームと引上げ線はJR線側の地上へ移設され、2面3線から2面4線に。品川~新馬場間には新規に高架橋が建設されるため、地上駅となっている北品川駅は2面2線の高架駅となる。

事業期間は2029年度までで、総事業費は1247億円。完成すると泉岳寺~新馬場間にある品川第一、品川第二、北品川第一の各踏切が撤去される。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件