「ニコニコネット超会議」内企画の中止・延期・変更を発表 自宅ユーザー主体で開催継続

news

4月12日(日)から19日(日)の8日間にかけて開催される「ニコニコネット超会議2020」の一部企画の中止・延期・変更が発表された。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡がりに伴う「緊急事態宣言」の発令を受け、出演者・スタッフなどネット超会議に関わる人員の安全を第一に考慮した結果だという。

【お知らせ】

新型コロナウイルスによる緊急事態宣言の発表を受け、「ニコニコネット超会議2020」は一部企画の中止・変更・延期を行います。大変申し訳ございませんが、ご了承の程お願い申し上げます。#ネット超会議2020

▽ネットチケットの払い戻しはこちらhttps://t.co/JjK5jLJpN5 pic.twitter.com/3DMSVNH4qE

— ニコニコネット超会議@4月12日(日)~19日(日) (@chokaigi_PR) April 8, 2020

現時点で中止の代替公演、日程などに関しては現時点では一切が未定となっているが、「ニコニコネット超会議2020」自体は日程変更なく開催される。

発表公演・企画の多くに影響

中止・延期・変更となる企画は下記の通り。

【中止公演・企画】

■ 超歌舞伎 Supported by NTT『御伽草子戀姿絵』

■ NTT超未来研究所 presents ミカカランドONLINE!

■ ニコニコネット超会議2020×EGOIST LIVE TOUR 2020 side-A「chrysalizion code 404」

■ 超ボーカロイドエリア

■アイドルマスター スターリットシーズン(超ゲームスタジオ from 闘会議2020)

■ みんなで作る!ネットからの差し入れ超カレー

【延期公演・企画】

■ VTuber Fes Japan

■ VOCALOID Fes supported by 東武トップツアーズ

■ 超ZUNビール

【変更】

■ 超テクノ法要×向源

■ 超ナマケット(事前番組の中止)

■ 超ゲームスタジオfrom闘会議2020 ほか

「ニコニコネット超会議2020」自体も、新型コロナウイルス感染症の感染拡大を受け、「ニコニコ超会議2020」と「闘会議2020」の代替として生放送を中心に企画されたイベント。

しかし、さらなる情勢悪化によって、またしても変更が余儀なくされてしまった。

昨年に開催された「ニコニコ超会議2019」はニコニコ動画関連事業の低迷などが叫ばれつつも、過去最高となる会場来場者数16万8248人を記録。インターネット文化の祭典として、風物詩となっている大規模イベントだ。

「ニコニコネット超会議2020」は、自宅のユーザーが主役

多くの企画が今回は放送されなくなってしまったが、「ニコニコネット超会議2020」は開催される。

適宜内容は変更されが、ユーザー出演者やネット視聴者の自宅からの参加や投稿を主体にしたプログラムが組まれるという。

続報・詳細は随時、「ニコニコネット超会議2020」公式サイト、公式SNSにて告知される。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件