おすすめの車用カーボンシート12選|シートの選び方や張り方を解説!

car

車用カーボンシートは自分で車をカーボン風にカスタマイズできるアイテムです。この記事ではおすすめの車用カーボンシート12選やシートの選び方や貼り方を紹介しますので、カーボンシートでのカスタマイズを検討している方はぜひ参考にしてみてはいかがでしょうか。

車用カーボンシートとは

車用カーボンシートは車の内装や外装をカーボン風にアレンジできるアイテムです。カーボンとは炭素繊維のことで、独特の質感のある素材です。車用カーボンシートは貼るだけでカーボン風の質感にできるため、お金をかけて車を改装できない場合にもおすすめです。

カーボンとは炭素繊維のことで、レーシングカーなどに使われています。カーボンは鉄の4分の1と非常に軽く、強度は鉄の10倍という優れた素材です。その特性からレーシングカーのフレームなどに使われています。車用カーボンシートなら大掛かりなカスタムをするほどの費用を掛けることなく、手軽にレーシングカーの雰囲気にできます。

車用カーボンシートの選び方2つ

車用カーボンシートはカラーや質感で選びましょう。車用カーボンシートにはさまざまな質感やカラーのものがあるため、選ぶ際には自分が貼りたい場所に適したものを選ぶ必要があります。ここでは車用カーボンシートの選び方をご紹介します。

車用カーボンシートにはさまざまなカラーバリエーションがあります。カーボンシートというとブラックのイメージがありますが、中には赤や青、黄色など細かいカラーバリエーションが用意されているものもあります。そのため、自分の車にあったイメージのカラーを選ぶと良いでしょう。

車用カーボンシートには、ツヤありやマットなどの質感があります。車用カーボンシートは質感も異なっており、3Dタイプの落ち着いたマットな質感のものは貼りやすいです。ツヤがある4Dタイプは、カーボンの風合いをしっかりと出したい場合におすすめです。また、中には5Dや6Dのさらにリアルな質感のものもありますので、好みの質感を見つけてみましょう。

おすすめの車用カーボンシート12選

おすすめの車用カーボンシートをご紹介します。車用カーボンシートの購入を検討している方の中には、どんな商品があるのか気になっている方も多いでしょう。ここではおすすめの車用カーボンシート12選を紹介しますので、ぜひ購入の際の参考にしてみてはいかがでしょうか。

おすすめ商品1:ホークスアイ「リアルカーボンシート」

ホークスアイ「リアルカーボンシート」は、コストパフォーマンスに優れたおすすめの車用カーボンシートです。業務用の切り売り品のため、152cm×30cmで600円台という安さが魅力の車用カーボンシートです。また光沢をおさえたリアルな質感で、伸縮性が高いため初心者でも使いやすくおすすめです。

amazonで見る

おすすめ商品2:タロウワークス「3D リアル カーボンシート」

タロウワークス「3D リアル カーボンシート」は、粘着性に優れたおすすめの車用カーボンシートです。粘着性だけではなく耐久性もあり、また通気性にも優れたカーボンシートです。ドライヤーなどで温めればより伸縮性が上がるため貼りやすく、初めてチャレンジする初心者にもおすすめのアイテムです。

自動車はもちろん、スマートフォンやタブレットなどを手軽にカスタマイズするのも良いでしょう。

amazonで見る

おすすめ商品3:とことこマーチ「3Dカーボンシート A4サイズ」

とことこマーチ「3Dカーボンシート A4サイズ」は、カラーバリエーションが豊富なおすすめの車用カーボンシートです。約21×30cmのA4サイズで細かいパーツの装飾におすすめです。

カラーバリエーションも豊富で、ゴールドやシルバー、ホワイト、イエロー、オレンジ、レッド、パープル、ネイビー、ブルー、ブラックなど多彩な展開となっているため、個性的なおしゃれができるでしょう。

amazonで見る

おすすめ商品4:ハッピークロイツ「カーボンシート」

ハッピークロイツ「カーボンシート」は、サイズ展開が豊富で9パターンの中から選ぶことができ、自分に必要な分だけを購入できます。

また、カラーバリエーションはブラック、シルバー、クリア、ホワイトなど数種類があり、カーボン調だけでなくブラッシュドチタニウムなどもあるため、スマートフォンなどに使うのもおすすめです。

amazonで見る

おすすめ商品5:Lypumso「リアル6Dカーボンシート」

Lypumso「リアル6Dカーボンシート」は、リアルな質感が魅力のおすすめの車用カーボンシートです。Lypumsoの車用カーボンシートは3D、5D、6Dといった豊富なバリエーションを展開しています。6Dはリアルな質感な手触りになっており、高光沢タイプなので高級感があります。

また、裏面には溝加工がされているため空気が抜けやすく、気泡が入りにくい加工となっています。

amazonで見る

おすすめ商品6:LivelyLife「リアル6D カーボンシート」

LivelyLife「リアル6D カーボンシート」は、プロ仕様のおすすめの車用カーボンシートです。カスタムショップでも利用されているプロ御用達の車用カーボンシートです。カラーバリエーションも豊富でレッド、ブラック、ブルー、ホワイト、シルバー、グレーの6色展開です。常温でも伸縮性に富み、自動車に限らず平らな表面のものなら取りつけられるためおすすめです。

amazonで見る

おすすめ商品7:AUTOMAX izumi「カーボン A4サイズ」

AUTOMAX izumi「カーボン A4サイズ」は、細かいパーツに貼りやすいおすすめの車用カーボンシートです。30×20cmのA4サイズでの販売なので、細かいパーツに使いやすい車用カーボンシートです。伸縮性が高く貼りやすいため、自動車だけでなく小物にも使いやすいです。298円とお試しにも使いやすい価格なのも嬉しいポイントです。

amazonで見る

おすすめ商品8:DragonOne「5D リアルカーボンシート」

DragonOne「5D リアルカーボンシート」は、ツヤがリアルなおすすめの車用カーボンシートです。高級感のある光沢が魅力の車用カーボンシートで、裏面は空気抜け溝があるため気泡を含まずにしっかりと貼り付けることができます。バンパーやドアハンドル、ミラーやパネルなどを豪華に演出することができるでしょう。

amazonで見る

おすすめ商品9:IlMondoMall「3D カーボンシート」

IlMondoMall「3D カーボンシート」は、3Dタイプのおすすめの車用カーボンシートです。このカーボンシートはサイズが豊富で、サンプルサイズである10cm×10cmからA4サイズ、また最大で152cm×300cmが選べるため、必要なサイズだけ購入することができます。

またマットな質感になっており、折り目がついても温めることで綺麗に貼れます。コストパフォーマンス面でも非常に良くおすすめです。

amazonで見る

おすすめ商品10:Mr.M「3Dカーボンシート」

Mr.M「3Dカーボンシート」は、3Dタイプのおすすめの車用カーボンシートです。マットな質感の3Dの車用カーボンシートです。152cm×50cmから152cm×2000cmまでのサイズ展開があり、自動車だけでなくバイクやクラッチカバー、机や家具などにもおすすめです。裏溝付きで空気抜きが簡単かつ、耐熱・耐水仕様になっているため、内装だけでなく外装にも使えます。

amazonで見る

おすすめ商品11:EAST「4D カーボンシート」

EAST「4D カーボンシート」は、高級感のあるリアルさがおすすめの車用カーボンシートです。密着性や耐久性、耐水性や伸縮性に優れたアイテムです。幅は152cmで、1mから5mまで1mずつの大容量なサイズ展開になっているためたっぷり使うことができ、失敗しても安心でしょう。

amazonで見る

おすすめ商品12:IlMondoMall「4D カーボンシート」

IlMondoMall「4D カーボンシート」は、立体感が魅力の車用カーボンシートです。このカーボンシートはサイズ展開が豊富で、サンプルサイズである10cm×10cmからA4サイズ、または152cm×100cm、152cm×200cm、152cm×300cmから選べるため、必要なサイズ分だけ購入することができます。

立体感のあるリアルな質感で、折り目がついてもドライヤーで温めれば綺麗に貼れます。

amazonで見る

カーボンシートの張り方2つ

車用カーボンシートの貼り方を紹介します。カーボンシートは、内装にも外装にも使うことができます。内装と外装どちらに貼る場合でも、綺麗に掃除をして汚れを落としてから貼ることが大切です。ここでは車用カーボンシートの貼り方2つについて紹介します。

車用カーボンシートを内装に貼る場合は、先に透明シート部分で型を取ることがおすすめです。細かい部品に貼ることになるため、事前に型を取っておくと綺麗に貼れます。透明フィルムをあててマジックなどでマーキングし、その型通りにカッターで車用カーボンシートをカットしましょう。その後、貼り付ける場所を綺麗に掃除して、カーボンシートを貼り付ければ完成です。温めると伸びやすくなるため、複雑な形状でも貼り付けられます。

車用カーボンシートを外装に貼る場合、大きめにカットするのがおすすめです。外装に貼る場合は、先に洗車をしてゴミなどを取り除きます。次にカーボンシートを大きめに切って、位置などを確認してからシートを貼り付けます。いきなりすべて貼り付けるのではなく、左右にわけると貼りやすいです。

また、ドライヤーなどで熱すると伸びやすくなります。最後に余った部分をカットすれば完成です。

車用カーボンシートで車をオシャレに!

車用カーボンシートでDIYに挑戦してみましょう。車用カーボンシートは、お金を掛けずに自分で車をカーボン調にカスタマイズできるアイテムです。質感やカラーバリエーションもさまざまなので、自分の車のイメージに合うものを選びましょう。

この記事で紹介したおすすめの車用カーボンシートを参考に、愛車をオシャレにカスタマイズしてみてはいかがでしょうか。

車用カーボンシートをもっと見る

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件