SNSのプロフィール写真にバリバリ加工した自身の顔を掲載→実際の顔を友人に公開処刑される悲劇

news

現代ではスマホのアプリの加工機能が発達しているため、自身の顔を加工してSNSに投稿する方も多くいらっしゃることでしょう。しかし、あまりにも加工しすぎると思わぬ逆襲に遭うこともあるようです。最近になり、自身の顔をバリバリ加工し、SNSのプロフィール写真として使用した女性が友人に思わぬ公開処刑をくらってしまうことになったようです。

Contents

  • 1 SNSのプロフィール写真に投稿された美人の女性
  • 2 実際の顔を友人に公開処刑される悲劇…
  • 3 まとめ

それはベトナムでの出来事。普段から写真を撮ることが好きだったとある女性は友人とカラオケに行った際、「カラオケの照明が写真写りがいい」と自身の自撮り写真を撮りまくっていました。そんな楽しそうな彼女の姿を見ていたひとりの男友達が、女性の写真を1枚パシャリ。その時は「憂鬱な時に彼女の写真を見ると元気が出そうだ」という思いから撮影したといいます。

その次の日、女性はこちらの写真をSNSのプロフィール写真に設定しました。どうやらそのカラオケの際に撮影したもののようですが、見る限りとても美人ですね。案の定、多くのネットユーザーが彼女に「僕のタイプです」「可愛い」といったDMを送ったのですが、この写真を見た男友達はひどく驚いてしまいました。なぜなら、実物の写真とかなり違うから。

実際の顔を友人に公開処刑される悲劇…

あまりにも詐欺まがいの写真を投稿した女性に、男友達はだんだんと憤りを隠せなくなってしまいました。そこで男友達はネットユーザーに現実を見てもらおうと、女性の実際の写真を公開します。「女性が写真で詐欺を犯すのは、男性の心を騙す立派な犯罪だ」とコメントを残しました。女性の実際の姿がこちらです。

SNSのプロフィール写真と実際の女性の姿があまりにもかけ離れていることでネットユーザーは驚きを隠せません。「衝撃的だ」「あまりにも違いすぎるだろ」「ここまで顔って加工できるのだろうか…」「これは詐欺だな」といったコメントが相次ぎましたが、加工のしすぎは考え物ですね。

まとめ

このように、SNSでバリバリ加工した写真をプロフィールに設定するも、友人により実際の写真が公開処刑されてしまった女性のエピソードを紹介しましたが、よく見れば顎周りが削れているな…といったイメージですが、あまりにも加工をしすぎると詐欺認定されてしまうので、加工もほどほどにした方がいいのかのしれません。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件