黒川氏の件で怖いのは賭け麻雀自体ではない

lifestyle

黒川さんの件は恐ろしい話でもありまして。そら賭け麻雀はいかんにしろ、マスコミが検察とお付き合いして昵懇な仲になっておいて、そのお付き合いの行為をネタに検事長のクビを飛ばせるワケですよ。怖いですねぇ。

— 事務課リー (@zimkalee) 2020年5月20日

千葉市長も・・・

黒川氏の件、私が強調したいのは「報道機関は番記者制度を見直さないのですか?」という点。財務省事務次官のセクハラ問題でも提起しましたが、取材先と個人的関係を作り情報を引き出す報道機関、恣意的にリーク等することで報道をコントロールする政治・行政の不適切な慣行をいい加減見直しましょう

— 熊谷俊人(千葉市長) (@kumagai_chiba) 2020年5月20日

今回の件、報道機関は一緒に麻雀をしていた記者を普段であれば「検察幹部に食い込んだ」として評価していたはずです。調査取材をせず、取材源と親しくなることで数日早く情報を貰ってスクープだとして喜び・内部評価するこの慣行は結局は政治・行政にとって都合が良いのです。

— 熊谷俊人(千葉市長) (@kumagai_chiba) 2020年5月20日

私は自らが有する情報は市民から預かった情報と受け止め、決してリーク等はしません。就任当初は携帯番号を聞きたがる記者が多かったですが、私の報道姿勢が知られたのか、今は聞く記者はいません。取り調べ情報が毎日新聞に出るのも本来おかしいのです。ゴーン事件でもその部分は改善されていません

— 熊谷俊人(千葉市長) (@kumagai_chiba) 2020年5月20日

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件