本数が激減しそうなJR夏の臨時列車…指定席の発売を見合せに 新型コロナ

car

例年、7月1日から9月30日まで設定されるJRの夏の臨時列車だが、今シーズンは新型コロナウイルスの影響を受けて、各社から指定席の発売を見合せとすることが5月22日に発表された。各社とも今後の状況を見て運行を判断する模様だ。

発表によると、JR北海道はすべての列車が、JR東日本は、新幹線2876本・在来線特急2022本・「のってたのしい列車」と呼ばれるイベント列車1722本が見合せとなる。

JR東海では、自社エリアのみの在来線列車としては、7月5日に名古屋→高山間で運行される『(ワイドビュー)ひだ61号』、JR西日本では北陸新幹線で計画されている598本が見合せとなり、山陽新幹線とJR西日本の在来線特急は設定が発表されていない。

このほか、JR四国では東京~高松間『サンライズ瀬戸』の琴平延長のみが発表されており、例年、「津嶋神社夏季大祭」が開催される8月4・5日に行なっていた予讃線津島ノ宮駅(香川県三豊市)の臨時開設は中止される。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件