『平将門の呪い』の結界(前編)

lifestyle

日本の呪術について書き進めて行く上で、触れねばならないのが「関東の覇者・平将門」ではないだろうか。

かつて、将門は天皇に向こうを張り、新皇と称し、関東一円を独立国にしようとした。反逆のアンチヒーロー、それが平将門である。今はやりのダークサイドの走りともいえよう。

当時の将門は、関東をまるで独立国のように扱い、各地の国司を朝廷とは別ルートで任命し、自らを中心とした国家体制を整備しつつあった。これはあきらかに朝廷に対する挑戦であり、天皇への反抗をここまで露骨にやったのは、日本史上南北朝時代の足利尊氏と平将門しかいない。天皇の血をひく将門であるがゆえ、自分が天皇になってもおかしくないという気持ちがあったのかもしれない。

そんな反骨精神旺盛な将門に対して、関東では判官贔屓する傾向がある。たとえ京都では怨霊であっても、関東人にとっては、将門さまは神田明神に祭られる神様なのだ。京都へ対する江戸っ子の意地の中に、将門の怨霊は生き続けるようだ。

英雄・将門も、豪傑・俵藤太によって討たれてしまう。過去に藤太は将門の人物を見分けるために将門のもとを訪れた事がある。将門の人柄、人望に大いに共鳴した藤太だったが、朝廷の命を受け、ついに討伐軍に名を連ねるのであった。

この将門という魔王を打ち破った俵藤太も尋常な男ではない。彼も限りなく魔物に近い男なのだ。かつて俵藤太は橋の上で眠っている大蛇を平然とまたいだ剛勇を見込まれ、助っ人を頼まれる。竜宮の使いである大蛇を助け、「妖怪・大百足」を弓矢で射殺しているのだ。その時、魔物にとって人間のつばが毒物であると見抜き、矢につばをつけて撃退する事に成功している(この大蛇談自体が藤太の将門征伐から生まれたという説が強いのだが…)。

また他のエピソードでは路頭に迷った怪物・鮫人(さめびと)を助け、自分の家に住まわしてあげるという親切ぶりも発揮している。(それにしても、鮫と人間の間ような容姿の怪物を自宅にすまわせるというエピソードがすごい。)

しかし、鮫人の涙が宝石になり、高く売れるとなると、ちゃっかり販売する商人ぶりも見せているのが微笑ましい。

このようなエピソードから判断するに俵藤太とは、大蛇や鮫人を助けるなど竜宮系の魔物と縁が有り、損得抜きで動く親切な男である。それでいて商売もうまかったり、百足や将門の弱点を巧妙に見抜くなど、合理的な考えもある点があげられる。まさに魔王・将門のライバルに相応しい。

こうして、将門軍と藤太軍の対決が行われるのだが、俵藤太は将門の影武者に悩まされていた。いくら討ち取っても偽物なのだ。ウワサによると将門の影武者は7人もおり、どれも本物と見分けがつかないという。≪後編に続く≫

(山口敏太郎 山口敏太郎タートルカンパニー ミステリーニュースステーションATLAS編集部)

画像©kawa*******mu photo AC

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件