家庭用洗剤がコロナの消毒に有効 経産省の発表に実践する人続出

lifestyle

経済産業省は、22日、家庭用洗剤に含まれる「界面活性剤」が、新型コロナウイルス消毒に有効と判断されたと発表。使用できる洗剤リストなども公開され、ネット上で話題になっている。

■アルコール消毒液の代用

同省では、独立行政法人製品評価技術基盤機構(NITE)に要請し、新型コロナウイルス感染拡大に伴い品薄が続いているアルコール消毒液以外の消毒方法について、兼ねてより検討を重ねていた。

その結果、住宅・家具用洗剤、台所用洗剤などに含まれる5種類の界面活性剤がウイルスに有効であることが分かったという。

関連記事:クルーズ船でも感染者ゼロ 自衛隊もやっている「感染対策4つ」

■「身近な物の消毒を」

これを受けて同省では「ご家庭にある洗剤を使って身近な物の消毒をしましょう」と書かれたポスターを作成。

界面活性剤を0.05%から0.2%のあいだに水で希釈(各洗剤の裏面で界面活性剤の%の確認が必要)した状態のものを布にしみこませ、テーブルを拭くといった使い方を紹介している。

基本的には、洗面台や風呂場を掃除する際によく使う「住宅・家具用洗剤」を勧めているようだが、ない場合は台所用洗剤でも代用が可能だという。

有効な界面活性剤が使われている洗剤リストは同省HPから確認することができ、そのなかには「マジックリン」「スクラミングバブル」「ママレモン」「ジョイ」といった聞き馴染みのある各種製品名が並んでいた。

■台所用洗剤の品薄懸念も

同省のこの発表に、ネット上では「台所用洗剤でいいのか。やってみよう」「希釈が面倒臭いけど、消毒液の流通が戻るまで代用するしかない」といった反応が。

その一方で、一部からは「今度は家庭用洗剤が品薄になるんじゃ…」といった懸念する声も見られた。

■注意事項もあり

扱っているものが洗剤であるだけに、やはり注意が必要なようで、HPには「手指・皮膚には使用しないでください」「スプレーボトルでの噴霧は行わないでください」といった事項が書かれていた。その他にも細かい注意点が記述されているので、詳しくは同省HPを参考にされたい。

少しずつ店頭に並び始めている消毒液だが、国産の物はまだまだ品薄が続いている状態だ。しばらくは、洗剤で代用するというのも有効な手段だろう。

・合わせて読みたい→布マスクの正しい洗い方を実践したら… 「やってはいけないこと」に驚いた

(文/しらべぇ編集部・清水 翔太)

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件