ダレノガレ、誹謗中傷書き込む人に訴え 「自分がもしされたらって一回考えて」

lifestyle

タレントのダレノガレ明美が23日、自身のインスタグラムのストーリーを更新。インターネット上に誹謗中傷の書き込みをするユーザーに対し「自分がもしされたらって一回考えてください」と強く訴えた。

■木村花さんの訃報に絶句

この日、人気恋愛リアリティ番組『テラスハウス』の新シーズン『TERRACE HOUSE TOKYO 2019-2020』に出演中の木村花さんが、22歳で死去したことが分かった。所属する女子プロレス団体「スターダム」が発表した。

これを受け、ダレノガレはストーリーを更新。木村さんの訃報を伝えたネットニュースを張り付け「え…」と、突然の出来事に絶句した。

関連記事:ざわちん、加工写真への批判に苦言 ポジティブなメッセージに多くの反響

■「強気に見えて本当は…」

続く投稿では、心無い言葉や批判コメントを書き込む人々へ注意喚起を行った。テレビ番組や、ネット配信などに出演する「少し強気な女の子」は「批判される事が多い」と指摘しながら「私も昔毒舌だったからわかるけど批判の仕方が本当にすごいの」と、自身の経験を回顧。

「ネットに書き込んでる人からしたら簡単にかいてるけど、受け取った側からしたらすごく精神的にやられてしまう人もいる。強気に見えて本当は心が弱い子はたくさんいるの。悩んじゃう人が多い」と明かした。

■誹謗中傷する人は「一回考えて」

その上で「死ねとか消えろとか簡単に書く人いるけど自分がもしされたらって一回考えてください」と、傷付く側の気持ちを考えるよう訴えたダレノガレ。

「私みたいに1書かれたら100にして返すような強い女の子は本当に一握りだからみんながみんな強いわけじゃないことをちゃんと知っとほしいな」(原文ママ)と呼びかけていた。

■約1割がネットに書き込み

誹謗中傷は決して許される行為ではないが、しらべぇ編集部が以前、全国10~60代の男女1,732名を対象に調査したところ、「ネット上に批判や悪口を書き込んだことがある」人は、全体の14.7%だった。

安易な書き込みで、体と心に一生の傷を負うこともある。書き込んだ経験のある人は、今後2度とやらないよう心がけてもらいたい。

・合わせて読みたい→川崎希、刑事告訴取り下げ 誹謗中傷した女性は「深く反省」「二度としない」

(文/しらべぇ編集部・RT)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年3月22日~2019年3月27日

対象:全国10代~60代の男女1732名 (有効回答数)

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件