在宅勤務中のパジャマ率がヤバすぎる 「余裕がない」と訴える声も…

lifestyle

(satamedia/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

新型コロナウイルス感染症による緊急事態宣言に伴い、企業にもテレワークが要請され、初めての在宅勤務を経験した人も多いハズ。

そこで話題に上がったのが、勤務中の服装だ。WEB会議を含め、他人の目に触れない日は、決して少なくない人が「パジャマ」で仕事をしていたことが判明した。

画像をもっと見る

■約4割がパジャマで仕事

テレワークが要請されて以降、インターネット上で議論を巻き起こしていた、テレワーク中の服装。しらべぇ編集部が全国の10代~60代のテレワーク経験のある男女323名を対象に、「テレワーク中の服装」について調査を実施したところ、全体で約4割の人が「テレワーク中、パジャマで仕事をしたことがある」と回答した。

業種も大きく影響すると思われるが、特段他人の目に触れない日には、リラックスできる格好で作業をしていた人は少なくないようだ。

関連記事:「テレワーク」の“テレ”とは… 本当の意味を知って驚いた人も

■若い世代ほど着心地を重視?

こちらの調査結果を性・年代別に見てみると、最も高い割合を占めたのは10代男性で、約7割という結果に。

次に高い割合となったのが、子育て中の人も多く含まれる30代女性。比較的若い世代が、着心地を重視してパジャマで仕事をした経験があるようだ。

■ワーキングマザーからは切実な声

「パジャマで在宅勤務」をしたことがある人の中には、コロナ禍で困窮した人からの声も聞こえてくる。

緊急事態宣言に伴って、認定子供園が休園になってしまったという20代のシングルマザーは、「会社も全社員が在宅勤務になり、仕事とプライベートの境目がより曖昧になりました」と話す。

■休園で生活が“緊急事態”に

「この状況下でも仕事が続けられていることには大変感謝」としつつも、「仕事をしながら子供のご飯を3食作り、業務と子供の相手を並行しながら……という生活の中で、体調を崩して仕事を休んでしまった日もある」と、過酷な状況を語る。

「起きてすぐ家事と育児と仕事。子供の体調が悪かったりすると、パジャマで顔を洗う余裕もないまま、気がつけば夕方になっている日もあります。会社にも迷惑をかけてしまっていて心苦しい。1日も早く、安心して子供を預けられる日が来てほしいです」と切実な状況を明かした。

・合わせて読みたい→警視庁、テレワークに注意呼びかけ 「オフィス以上に感染しやすい」

(取材・文/しらべぇ編集部・越野 真由香)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2020年4月24日~2020年4月27日

対象:全国10代~60代のテレワーク経験のある男女323名(有効回答数)

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件