難民の少年がチェスチャンピオンを目指す『ファヒム パリが見た奇跡』公開

lifestyle

母国バングラデシュからパリへ逃れた政治難民の少年が、チェスチャンピオンを目指す実話を映画化した『ファヒム パリが見た奇跡』(原題:Fahim)。この度、8月14日(金)より日本公開が決定した。

ストーリー

政変が続くバングラデシュ。家族が反政府組織に属していたことに加え、チェスの大会で勝利を重ね続けるファヒムに対する妬みが原因で、徐々にファヒムと家族は脅迫を受けるようになっていた。自分たちの身に危険を感じた父親は、まだわずか8歳だった少年・ファヒムを連れ、2人だけでパリへ国外脱出、そこでチェスのトップコーチであるシルヴァン(ジェラール・ドパルデュー)と出会う。

独特な指導をする、かつての天才チェスプレーヤーでもあるシルヴァンと、天才的頭脳で口達者なファヒムはぶつかり合いながらも、チェスのトーナメントを目指して信頼関係を築いていく。そんな中、移民局から政治難民としての申請を拒否されたファヒムの父親は、身の置きどころがなくなり姿を消してしまう…。迫りくる強制送還のタイムリミット、そこから逃れるための解決策はただ一つ。ファヒムがチェスのフランス王者になることだった――。

主人公の少年は、実際の亡命者の息子

ファヒムの才能をいち早く見抜き、彼をフランス王者にするために厳しくも愛情溢れた熱心な指導に没頭するファヒムのチェスコーチ、シルヴァンを演じるのはフランスの誇る名優ジェラール・ドパルデュー(『シラノ・ド・ベルジュラック』)。監督が実際の“ファヒム”の指導者であるグザヴィエ・パルマンティエに出会った際に、「彼の恰幅の良さ、優しさ、激しい気性を知りまっさきに思い浮かべたのがジェラール・ドパルデューだった」という。

「私はおめでたい人間ですから、すぐにジェラールがぴったりだと思い、1秒たりとも断られる可能性を想像しませんでした。それでもジェラールのエージェントに脚本を送った時は多少ドキドキしましたよ。脚本は140ページあり、この長さがジェラールのやる気をそぐんじゃないかと怖くなったのです。でも違いました。48時間後に彼はOKの連絡をくれました」とその喜びを語る。

そして、チェスの天才少年ファヒムを演じたのは、これが演技初挑戦であり、自身も撮影が始まる約3か月前にバングラデシュから政治亡命者の息子をして逃れてきたというアサド・アーメッド。ある日、父親から「いとこと一緒にでかけろ」と言われた先が映画のキャスティング現場だったと言う。本作について「脚本の内容を聞いた時、とても感動しましたし、バングラデシュの首都ダッカで起こっているいろいろな問題を思い出しました」とアサド。「ファヒムの物語は僕のものではありません。でも僕が経験してもおかしくなかった」「この映画を通して、人々が移民の生活が簡単ではないと分かってくれることを願います」とその想いを語る。

監督は、俳優としても活躍するピエール=フランソワ・マルタン=ラヴァル。本作を製作することになったきっかけについて、彼は「2014年2月、テレビで14歳のバングラデシュ人の少年が、彼のこれまでの人生を語った本『Un roi clandestin(密入国者の王さま)』(日本未発売)についてインタビューを受けていたのを見たのです。それまで彼のことをまったく知りませんでしたが、落ち着いた声で話すこの少年に魅了され心を揺さぶられたのです」と明かす。

「なぜ8歳の時に急に母親から引き離され、国を出なければならなかったのか。父親と一緒に言葉も生活習慣も知らないフランスに降り立ち、その4年後に、不法滞在のホームレスであったにもかかわらず、どうやって12歳以下のチェスのフランス王者になったのか。すごい道のりです!私の映画作家としての血が体をひと巡りし、すぐにこの映画を作りたいと思ったのです」。

政治難民の父親に伴われ、わずか8歳で見ず知らずの街で生きることになったファヒムが“チェス”という共通項を通して様々な人と出会い、信じ合うことでその才能が花開き、目標に向かってひたむきに生きる姿には心打たれるだろう。

『ファヒム パリが見た奇跡』は8月14日(金)よりヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国にて公開。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件