「マンションの管理費高いと思う」が6割超…「住民会」の実態

news

8割以上が「面倒」と感じている

マンションに住んでいたり所有をしていると「住民会」に入ることになるでしょう。ここで管理費やその使い道、大規模修繕などについて話し合っていくので、住民会の存在は重要になってきます。

実際のところマンションの住民の方々は住民会についてどう考えているのでしょう。㈱カシワバラ・コーポレーションが行なった「マンション生活における住民会に関する実態調査」をもとに、住民会の評価などを紹介していきます。

「住民会はしっかり機能している」と思っている人は7割以上!

続きを読む

㈱カシワバラ・コーポレーションが行なった「マンション生活における住民会に関する実態調査」(調査期間:2020年4月4日~6日、調査対象:現在分譲マンションに住んでいる全国の20歳~69歳の男女400名)によると、「住民会はマンション生活をよくするために機能していると思うか?」という質問に、「そう思う」「ややそう思う」と答えた人が70.7%にのぼることがわかりました。

  • 3
  • 4

参考記事

ニュースレター

でも「無駄がある」と感じる人も

これだけの高評価を得ながらも、住民会は無駄があると思われていることも調査から見えてきました。「住民会に無駄があると感じるか?」という質問に「そう感じる」「ややそう感じる」と回答した人が55.1%という結果になりました。本来話し合うべき事がないがしろにされていたり、必要なことが決まらないこともあるのかもしれません。

では具体的にどんなことを話し合うべきなのかというと、最も多い回答を得たのが「マンションのルール」で67.3%、次いで「管理費の使い方」が65.8%となっています。

8割以上が住民会への参加が面倒と感じている!

住民会はしっかり機能していると評価を得ている一方で、実際に参加するとなると面倒と感じてしまうことが多いこともわかりました。

住民会への参加が面倒な理由(出典:㈱カシワバラ・コーポレーションの調査より)

住民会への参加が面倒と感じるかどうかの質問に対して、「とてもそう感じる」「やや感じる」と答えた人が81.0%に及びます。年代別では中間管理職や責任を負うことが多い50代が87.5%と最も多くなりました。

住民会が面倒な理由としては、「忙しい・時間がない」が46.3%、「何かの責任を負うのが嫌」が34.9%となっていて、住民会が活発にならない課題が見えてきた結果となりました。

マンションの「管理費」何に使うか把握していない人が4割以上

マンションの管理費については、値段が高いと感じている人(とても感じる・やや感じる)が64.8%となりました。ただ管理費が実際にどんなことに使われているのか把握している人に関しては「十分に把握している「把握している」が55.5%にとどまっているので、管理費が高いと感じている割には、用途への関心がそれほど高くないことがわかります。

また管理費の使い方を把握している人の年代をみると20代では35.5%、50代で64.7%、60代で64.8%となり、年齢が高くなるほど管理費の使い方に関心があることがわかりました。

管理費の使い方と大規模修繕への関心の度合いは比例する

管理費を使って行われるマンションの大規模修繕に関心があるかの質問に対しては、「とても関心がある」「やや関心がある」と回答した人が78.3%にのぼります。

マンションの大規模修繕への関心について(出典:㈱カシワバラ・コーポレーションの調査より)

特に50代で87.5%、60代で88.6%が大規模修繕に関心があると回答していることからも、管理費の使い方と大規模修繕への関心は比例することがわかりました。

まとめ

マンションにはいろいろな世代の人が住んでいて、住民会や管理費・大規模修繕などへの関心の強さには差があることがわかっています。でもいざというときには住民会が頼りになることも多いでしょう。同じマンションに住む人同士が上手に付き合っていくためにも、住民会はとても重要な存在と言えそうです。

渡辺 ももえ

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件