中国長江三峡集団、ペルーに医療物資を寄付

news

18日、ペルー・リマで開かれた医療物資の寄贈式に出席した同国のサモラ保健相(左)と中国の梁宇(りょう・う)駐ペルー大使。(リマ=新華社配信)

【新華社リマ5月25日】中国最大のクリーンエネルギー企業グループで、三峡ダムを運営する中国長江三峡集団が南米ペルーに寄付した医療物資が18日、同国の首都リマに到着した。同社が今回寄付した物資には、人工呼吸器やモニター、除細動器、医療用防護服、マスクなどが含まれる。

18日、ペルー・リマで開かれた医療物資の寄贈式に出席した同国のサモラ保健相(右から2人目)と中国の梁宇(りょう・う)駐ペルー大使(左から2人目)。(リマ=新華社配信)

18日、ペルー・リマで開かれた医療物資の寄贈式に出席した同国のサモラ保健相(左から2人目)と中国の梁宇(りょう・う)駐ペルー大使(中央)。(リマ=新華社配信)

タグ: 新華通信社

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件