河北省で石炭の陸揚げプロジェクトが進行中

news

22日、河北省唐山港曹妃甸港区で、新造の石炭桟橋を使って行う陸揚げ作業の様子。(小型無人機から、唐山=新華社記者/楊世尭)

【新華社唐山5月25日】中国河北省唐山港曹妃甸港区では、石炭桟橋を使った石炭の陸揚げプロジェクトを実行中で、桟橋の建設が数段階に分けて進んでいる。プロジェクトでは年間5千万トンの石炭を処理することを見込んでいる。

22日、河北省唐山市の曹妃甸港で、新造の石炭桟橋を使って行う陸揚げ作業の様子。(小型無人機から、唐山=新華社記者/楊世尭)

22日、河北省唐山市の曹妃甸港で、新造の石炭桟橋を使って行う陸揚げ作業の様子。(小型無人機から、唐山=新華社記者/楊世尭)

22日、河北省唐山市の曹妃甸港で、新造の石炭桟橋を使って行う陸揚げ作業の様子。(小型無人機から、唐山=新華社記者/楊世尭)

22日、河北省唐山市の曹妃甸港で、新造の石炭桟橋を使って行う陸揚げ作業の様子。(小型無人機から、唐山=新華社記者/楊世尭)

タグ: 新華通信社

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件