スイカズラ栽培で収入増 河北省清河県

news

21日、スイカズラを摘み取る河北省邢台市清河県の農家。(石家荘=新華社記者/牟宇)

【新華社石家荘5月25日】中国河北省邢台市清河県は2017年以降、農業産業構造の調整を進める過程で、市場の需要と地元の土壌や気候などの特徴を踏まえ、企業からの注文を受けることで農民によるスイカズラ栽培の発展をけん引してきた。同県では現在、スイカズラ栽培面積が2千ムー(約133ヘクタール)近くに達しており、農家の収入増を後押ししている。

21日、スイカズラを摘み取る河北省邢台市清河県の農家。(石家荘=新華社記者/牟宇)

21日、スイカズラを摘み取る河北省邢台市清河県の農家。(石家荘=新華社記者/牟宇)

21日、摘み取ったスイカズラを乾燥させる河北省邢台市清河県の農家。(石家荘=新華社記者/牟宇)

21日、摘み取ったスイカズラを乾燥させる河北省邢台市清河県の農家。(石家荘=新華社記者/牟宇)

21日、スイカズラを摘み取る河北省邢台市清河県の農家。(小型無人機から、石家荘=新華社記者/牟宇)

21日、スイカズラを摘み取る河北省邢台市清河県の農家。(小型無人機から、石家荘=新華社記者/牟宇)

タグ: 新華通信社

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件