香港市民、署名活動で国家安全立法支持を表明

news

24日、香港で行われた「撐国安立法」共同戦線成立・署名活動始動式。(香港=新華社記者/呂小煒)

【新華社香港5月25日】中国香港特別行政区各界による「撐国安立法(香港特別行政区の国家安全を守るための立法を支持する)」共同戦線が24日、正式に成立し、最初の活動として同日から署名活動をスタートさせた。31日までの活動期間に市内多くのエリアに署名台を設置し、市民の署名を集めるという。

署名活動は多くの市民から積極的な反応を得ている。市民たちが香港特別行政区の国家安全を守る法律制度と執行メカニズムの確立・整備について、香港の国家安全上の抜け穴をなくし、治安を効果的に維持し、香港と市民を共に利する大きな措置であり、断固として支持すると表明している。

24日、香港で行われた「撐国安立法」共同戦線成立・署名活動始動式。(香港=新華社記者/呂小煒)

24日、香港で行われた「撐国安立法」共同戦線成立・署名活動始動式。(香港=新華社記者/呂小煒)

24日、香港で行われた「撐国安立法」共同戦線成立・署名活動始動式で発言する、香港の民主建港協進連盟(民建連)の主席(党首)で立法会議員の李慧瓊(り・けいけい)氏。(香港=新華社記者/呂小煒)

24日、香港で行われた「撐国安立法」共同戦線成立・署名活動始動式で発言する、香港立法会の陳健波(ちん・けんは)議員。(香港=新華社記者/呂小煒)

タグ: 新華通信社

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件