JALやJR東日本など輸送株に買戻し! 日経平均株価は3日ぶり大幅反発

news

【東京株式市場】 2020年5月25日

株式市場の振り返り-日経平均株価は3日ぶり反発、売買代金は3日連続で2兆円割れ

2020年5月25日(月)の主要指標(カッコ内は前日終値比)

  • 日経平均株価 20,741円(+353円、+1.7%) 3日ぶり大幅反発
  • TOPIX 1,502.2(+24.4、+1.7%) 3日ぶり大幅反発
  • 東証マザーズ株価指数 959.1(+32.4、+3.5%) 大幅反発

東証1部上場銘柄の概況

  • 値上がり銘柄数:1,857、値下がり銘柄数:259、変わらず:54
  • 値上がり業種数:32、値下がり業種数:1
  • 年初来高値更新銘柄数:76、年初来安値更新銘柄数:1

東証1部の出来高は10億257万株、売買代金は1兆7,371億円(概算)となり、いずれも先週末より減少しました。

新型コロナウイルス感染の影響懸念が残る中、25日は欧米株式市場が休場のため外国人投資家の参加者が少なく、盛り上がりに欠けた商いとなりました。

売買代金は3日連続で2兆円を割り込む閑散相場に終わり、今年4番目の低水準を記録しています。

そのような中、日経平均株価は終日プラス圏で推移しました。全国の緊急事態宣言が解除されることを好感したのかどうか定かではありませんが、終わってみれば大幅上昇で久々の高値引けとなっています。

参考記事

ニュースレター

取引時間中の高値は20,741円(+353円)、安値は20,584円(+196円)となり、値幅(高値と安値の差)は約157円となりました。

なお、TOPIXも同じような値動きで3日ぶりの反発となり、再び節目の1,500ポイントを回復しました。

東証マザーズ株価指数は大幅反発、売買代金は26日連続で1,000億円超え

東証マザーズの出来高は2億5,963万株、売買代金2,247」億円となりました。出来高は先週末より減少しましたが、売買代金は微増となっています。

個人投資家の高水準な物色意欲が続き、売買代金は26日連続で1,000億円を上回りました。また、3日連続で2,000億円を超えています。

また、株価指数も大幅反発となり、1,000ポイントの大台回復を狙う位置に付けました。やや過熱感も見られる中、今後の推移が注目されましょう。

日本航空など輸送株い買い戻し、「アビガン」期待低下の富士フイルムHDは大幅安

個別銘柄では、株価指数寄与度の高い大型株が買われ、ファーストリティリング(9983)が大幅高となり、リクルートホールディングス(6098)は+6%高に迫る急騰となりました。

また、医薬品の主力株が総じて上昇し、第一三共(4568)、中外製薬(4519)、小野薬品工業(4528)が揃って年初来高値を更新し、武田薬品工業(4502)も大きく値を上げています。

その他では、緊急事態宣言の解除に伴う人の移動増加期待から、株価下落基調が続いていた輸送株が買い戻され、日本航空(9201)が+10%高に迫る爆騰となり、ANAホールディングス(9202)も+8%高に迫る急騰となりました。

また、西日本旅客鉄道(9021)、東日本旅客鉄道(9020)、東海旅客鉄道(9022)などJR株も大きく買い戻されています。

さらに、旅行代理店大手のエイチ・アイ・エス(9603)は一時+11%高に迫る爆騰となりました。

その他、外食株の一角にも見直し買いが入り、日本マクドナルドホールディングス(2702)は再び年初来高値更新となっています。

一方、新型コロナウイルス感染症の治療薬の本命と目されていた「アビガン」への期待が急速に減退し、富士フイルムホールディングス(4901)が一時4%超安の大幅下落となりました。

また、一連の“巣ごもり生活”関連株も旬を過ぎたと見なされ、とりわけ、夫婦の共有時間が減るという見方からコンドームのオカモト(5122)や相模ゴム工業(5194)が大きく値を下げています。

新興市場(東証マザーズ)では、アンジェス(4563)が急騰して3日続伸となり、メドレックス(4586)はストップ高の大爆騰で引けました。また、メルカリ(4385)は終値で再び公開価格を上回っています。

葛西 裕一

関連記事

最新ニュース20件