12歳女児が電池を誤飲し死亡 防げなかった死に哀悼と警戒促す声

lifestyle

(Viktoriia Hnatiuk/Getty Images Plus/写真はイメージです)

うっかり飲み込んでしまったボタン電池が食道にひっかかり、苦しみだした女の子。病院で検査を受けたものの体内のどこにあるかは判明せず、その後に亡くなってしまった。

■電池を飲み込んだ少女

5月5日に12歳の誕生日を楽しく祝ったばかりだったロシア人少女のヴァレリア・マカロワちゃんが、あるとき腕時計の電池を交換しようとボタン電池(リチウム電池)を取り出した。

このときヴァレリアちゃんは、小さい電池を何気なく口の中に。そのまま誤って飲み込んでしまい、両親を慌てさせた。

関連記事:リチウムイオン電池の仕組みにチコちゃんが迫る ノーベル賞受賞者の解説が話題に

■食道にひっかかった電池

両親はすぐにヴァレリアちゃんを病院に連れて行ったが、医師は「大丈夫、そのうち排泄物と一緒に出ますから」と話し帰宅を許した。

だがその後にヴァレリアちゃんは苦しみ始め、咳をするたびに口から血を吐き出すように。そこで今度はレントゲン検査を受けたが、ボタン電池は食道に引っかかった状態で検査がしづらく、医師団は正確な場所を特定できなかった。

■少女の死

ヴァレリアちゃんは電池を誤飲後、ジューコフカとブリャンスクの病院で診察を受けて助けを求めた。にもかかわらず数日にわたり苦しみ、そのまま帰らぬ人となってしまった。

リチウム電池の誤飲はとても危険で、誤飲からごく短い時間であっても消化管の壁に穴が空くことがある。特にコイン型は食道にひっかかることが多いというが、医師団は食い込むような形でヴァレリアちゃんの食道にとどまっていた電池を発見することができなかった。

■当局が捜査を開始

当局も捜査を開始しており、ヴァレリアちゃんが訪れた病院の医療スタッフによる過失にあたるかも含め、詳しく調べている。「排泄物と一緒に出ます」と伝えて家に帰ることを許した医師らの対応については、驚いている人も多いようだ。

幼い子供が電池を飲み込まないよう気を付けている親は多くても、実際にどれほど危険かを認識している人は少ないと言われている。

12歳だったヴァレリアちゃんが電池をつい口に入れてしまったことを考えると、比較的大きな子供を持つ親も、どんなに危険かを知っておく必要がありそうだ。

・合わせて読みたい→コロナ疑い検温したら「95度」の表示 でも体温計は正常だったという恐怖

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原)

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件