なんでもキムチにする美女 「森のバター」アボカドを紅く染めてしまう

lifestyle

「なんでもキムチ研究家」を目指すおぐゆなちゃんが、今回も実食インタビューにトライ。しかし、過去の撮影の疲れが溜まっているようで…。

画像をもっと見る

■2戦2敗という戦績

これまでにバナナとイチゴのキムチ化に成功してきたおぐゆなちゃん。しかし味のほうはあまりお気に召さなかったようで、ときには半泣きになりながらキムチを食してもらった。

「このままではイカン」と感じたしらべぇ編集部は熟考の末、アボカドをキムチ化してもらうことに。さすがに今回はおいしいキムチができあがるはずだが…。

関連記事:女子ウケ抜群のフルーツをキムチ化に成功 トンネルの先は真紅の地獄だった

■果敢にトライ

たった2日間キムチに漬けていただけなのに、アボカドは早くも液状化しかかっている模様。タッパーを開封するや否や、おぐゆなちゃんも「お味噌みたいになってる!」「キムチの匂いがまろやかで、今までで一番いい匂いです!」とテンションが上がった様子で実況しだす。

口に含んだ途端、「あっ!」という小さな悲鳴を発したが、どうやら予想より味が濃くて驚いてしまったそう。「ちょっと漬けすぎちゃったかな…」というコメントもみられたが、「でも普通においしいです!」と満足げな様子で箸を動かしていった。

■キムチ研究家の見立て

「口に入れた瞬間の味はキムチだけど、噛めば噛むほどアボカド感が出てくる」「多分これ、お米とすごく相性良いですよ」と分析してくれたおぐゆなちゃん。

この企画が始まってから「キムチ研究家」としての目利きに磨きがかかったのか、「アボカドは1日だけ漬けておくのがベストだと思う」というアドバイスも登場。2日漬けたアボカドキムチはかなり味が濃いようで、頻繁に水を飲んでいた。

「二度あることは三度ある」という言葉を跳ね除け、3回目のチャレンジで見事成功を掴んだおぐゆなちゃん。次回も予想だにしない新種のキムチが登場するので、楽しみにしてほしい。

・合わせて読みたい→柴咲コウが自宅でイチから手作りしたモノに驚き 「こうやって作るんだ…」

(取材・文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ)

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件