嫉妬深いDV男に実刑判決 壮絶被害を受けた少女の絶句する本音とは

lifestyle

(Prostock-Studio/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「仕事も家族も友達も捨てろ」と10代少女に命じ、完全にコントロールしようとした男。心身ともに傷つけられた少女はそれでも男を愛し、今も関係の修復と維持を望んでいるという。

■男の異常な嫉妬心

英国で暮らすある男(30)は異常に嫉妬心が強く、交際を始めた少女(当時18)を束縛し監視下に置くことを望んだ。

少女がせっかく得た仕事も「俺の目が届かない」「浮気するかもしれないから」と疑って辞めさせ、家族や友達との接触も禁止に。また重量物運搬車の運転手だった男は、職場に少女を連れて行き常に見張ってもいた。

さらに過去の男性関係について話すよう命じ、少女が正直に話すとキレて首にナイフを押し当てた。偶然その様子を見ていた同僚が凶行を阻止したが、その後も男の怒りは収まらず、ボールペンで少女の腕を刺すなどして痛めつけたという。

関連記事:「子供が欲しい」 妊娠しない妻と相談し12歳の連れ子に出産させた男に実刑判決

■少女の弟にライバル心

嫉妬深いだけではなく支配欲も強い男は、少女がかわいがっている弟にまで強い憎しみとライバル心を抱くように。

あるとき少女が弟の写真を見て「キュートに撮れてる」と言ったところ荒れ狂い、弟への敵意と嫉妬心をあらわにしたという。

■激しい暴行

昨年8月のこと、しばらく耐えていた少女が「家族に会いたい」と言ったことから男との激しい口論が勃発。

男は少女を母親の家の前まで連れて行ったがすぐには家に入らせず、顔面を殴りつけた上に頭や体を何度も蹴り、「骨を全部折ってやる」「これ以上ないほどの痛みを味わえばいい」などと言い放った。

その後、肋骨を折られアザだらけの状態で家に帰った少女を見た家族が通報。少女は病院に搬送されて治療を受けた。

■被害者の願い

逮捕された男の裁判が開かれると、弁護士は男がいかに反省しているかを強調し、「彼女は今も関係維持を望んでいます」と述べた。

裁判所はこの男を「支配欲が強いゴロツキ」「恥を知れ」と批判して懲役2年の実刑判決を下し、少女については「心配ではあるが、個人の思いについては尊重するしかない」と話すにとどめた。

最低な男に苦しめられてもなお、「彼が好き」という少女。再び被害を受ける日が来ないよう、多くの人たちが願っている。

・合わせて読みたい→10代少女が30代男性と駆け落ち 父から娘に死の制裁を下す悲劇に

(文/しらべぇ編集部・マローン 小原)

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件