杉村太蔵、議員の賞与満額支給に「政治家も頑張ってる」と持論 批判も

lifestyle

(写真提供:JP News)

7日放送の『サンデージャポン』(TBS系)で杉村太蔵が、国会議員のボーナスが満額支給される見込みとなっていることについて、国民に理解を呼びかけた。

■国会議員のボーナス満額支給に理解を求める

番組は国会議員のボーナスが満額支給される見通しとなっていることに、国民から「その分補償に回してほしい」と不満が上がっていることを紹介。鈴木紗理奈は「腹が立つ」と怒りを見せる。

この流れに待ったをかけたのが杉村。

「お医者さんの給料をカットしようとは誰も思いませんね。それは本当に一生懸命やって頂いてるし危険な思いをされてる。同じようにやっぱり政治家もね、頑張ってますから。ちゃんとそれなりの報酬をきっちり確保するっていうのは、これはよろしくお願いします」と、満額支給に理解を求めた。

関連記事:「薄口政治評論家」杉村太蔵 コメントは的確だと思う?

■他の出演者から批判が

これに鈴木紗理奈は「報酬とボーナスは違う」と声を荒げる。そして元経済官僚の岸博幸氏は「太蔵くん、それダメ。絶対ダメ。政治家のボーナス。もともと原資は国民が払ってる税金なんです」とコメント。

続けて、「国民が本当に今苦しい思いしてるなかで、ポーズでいいからですね、とにかく『自分はいらないからそれを国民のために使おう』というふうに示すのが、本来政治家のあるべき姿で、太蔵くんは政治家を経験しているから、ボーナスないと大変だって分かってんのかもしれないけど、それでも痩せ我慢するのが本当の政治家じゃないですかね」と話す。

満額支給に怒りを見せていた鈴木は、「ほんまや」と同調。杉村は黙りこんでしまう。

デーブ・スペクターは都道府県知事がカットを表明しているにも関わらず、国会議員が満額支給される現状について、「国政だから。地方はできるんですけど、返納できない制度だから。安倍さんから言わないとダメ。個々の議員でいらないと思う人はいると思うんですよ」と冷静に指摘した。

■視聴者から批判

国会議員の「ボーナス満額支給」に理解を求めた杉村だが、視聴者からは「政府のコロナ対応は全く評価できない。ボーナス支給は止めてもらいたい」「一般企業でも賞与は業績に左右される。この状況で満額支給はありえない」と批判が相次いでいる状況。

また、「そもそも国会議員にボーナスなんて必要ない」「一生懸命やっているとは思えない。とくに批判ばかりの野党にはボーナスを支払ってほしくない」「寝ている人間もいるし、診断書だして引きこもっている人間もいる。そんな奴払う金があるなら、コロナで苦しむ人に使うべきだ」と憤りを見せる視聴者も多かった。

■国民の7割は「報酬が高すぎる」

国民の代表者として活動する国会議員だが、金に物を言わせた不祥事も多いことや、国会で寝ている人物も散見されるため、「報酬が高すぎる」という批判は多い。

しらべぇ編集部が全国の20代〜60代の男女1,348名に実施した調査では、7割が「国会議員の報酬は高すぎるので下げるべき」と回答したことを見てもそれは明らかだ。

高額報酬を手にしたうえ、さらにボーナスも懐に入れる。コロナ禍で収入が激減する人もいるなかで、国会議員が社会情勢に影響を受けない給与体系になっていることに、憤りを持つ人はかなり多い。

このような状況で満額支給に理解を求めた杉村太蔵に理解を示す人は、極めて少なかった。

・合わせて読みたい→コロナ禍で政治への関心が高まる中… 国会議員を尊敬しているか聞いてみた

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2017年8月25日~2017年8月28日

対象:全国20代~60代の男女1,348名(有効回答数)

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件