パラオ語になった日本語たち 「ビールを飲む面白すぎやろ」

lifestyle

ビールを飲む面白すぎやろ pic.twitter.com/A6hhJY68NU

— みちさん (@mitisan_jisaku) June 20, 2020

第一次世界大戦のあとドイツの植民地だった南洋諸島を日本が委任統治することになったので、そのひとつであるパラオも20年以上日本領だったんですよ。現地民に日本語の学校教育も施したので、多くの日本語がパラオ語に取り入れられ、日本語を話す高齢者が今もいるというわけです

— Lunatic Prophecy C98 2日目 西3 J02a (@lunaticprophecy) June 21, 2020

日本語がこんな形で使われるなんて知りませんでしたし、パラオの一部の地域では公用語に日本語があってびっくりしました(笑)

— みちさん (@mitisan_jisaku) June 20, 2020

また、ストレートな名前…日本でも、戦前はそんな言い方だったとか?

— シルヴィアン@零式13型「愛」 (@sylvian3) June 21, 2020

パラオは親日❤

パラオの大統領は自ら海に潜り、海に沈む日本軍徴用船「てしお丸」に花と黙祷を捧げてくれたりしたんだよ pic.twitter.com/pT01MXNWW0

— ノラ (@LaMAz9krjtZz9cE) June 21, 2020

パラオは遠いけど 台湾同様に大切な友好国ですね。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件