コピー制限を無視する「TS抜きチューナー」とは

lifestyle

2000年代半ばからテレビは、アナログ放送からデジタル放送へ移行が始まりました。そこで問題になったのが、コピー制限です。デジタル放送は美麗なHD画質である一方、ダビング回数が制限される仕様。そんなコピー制限を回避できた「TS抜きチューナー」の登場に当時、録画マニアたちが熱狂したのです。

TS抜きチューナーで完全データで保存

地デジのコピー制限は当初、ムーブのみの「コピーワンス」でした。2008年からコピー9回+ムーブ1回の「ダビング10」となり、多少は緩和されたものの、規定回数をディスクに焼くとBDレコーダーのHDDからはデータが消滅します。

地デジ黎明期の2007年、そんな状況の中に救世主として現れたのが、台湾製のPC用チューナー「Friio」でした。家電レコーダーや一般的なPC用チューナーの場合、HDDに録画する際、放送波に乗っているCCIというコピー制御情報に反応することで、ダビング10やコピーワンス状態で保存されます。

しかし、Friioはそんな放送業界の暗黙のルールに縛られず、このCCIを無視した状態で完全データ(MPEG-2 TS)のままHDDに保存できたのです。生データゆえ、コピーや編集も自由自在、つまりコピーフリー状態。この裏録画方法が「TS抜き」と呼ばれるようになり、地デジ時代の必携テクニックとなりました。

TS抜きチューナーで多チャンネル録画

そして、TS抜きを普及させることになったのが、日本メーカー・アースソフトが開発した、PCI Express接続のチューナーカード「PT」シリーズです。

2008年に「PT1」、翌年に「PT2」がリリースされるとブームが加速し、東京・秋葉原ではTS抜きチューナー争奪戦が繰り広げられました。その最大の理由は、今では当たり前になった多チャンネル録画に対応していたからです。

地デジ×2番組、BS/110度CS×2番組の計4番組の同時視聴&同時録画を実現し、その上、コピーフリーだったため、録画マニアたちは熱狂しました。

その後、2012年に「PT3」が発売されると、TS抜きチューナー市場の盛り上がりは最高潮に。2016年3月に生産終了となりましたが、その性能(安定性)の高さからいまだに支持され、ヤフオク!などでは2万円以上のプレミア価格で取引されています。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件