高速料金50%オフ「ETC乗り放題プラン」受付再開

lifestyle

県境をまたぐ移動が解禁になり、国も観光に力を入れるさまざまなプランを発表しています。それに合わせて、休止していたNEXCO3社の「ETC乗り放題プラン」も徐々に申し込みを再開しています。高速道路乗り放題プランを活用すれば、ドライブのルート次第で高速料金を50%以上節約することも可能です。

北海道の高速道路がETCで乗り放題

NEXCO東日本・中日本は、休止中だった「ETC乗り放題プラン」の受け付けを再開しています。NEXCO東日本では「ドラ割」、NEXCO中日本は「速旅」というブランドでそれぞれ高速道路乗り放題プランを販売していましたが、4月に政府が発表した緊急事態宣言により、受け付けを休止していました。

NEXCO東日本が受け付けを再開したETC乗り放題プランは「北海道観光ふりーぱす」で、北海道内の同社路線が最大14日間乗り放題になるというものです。プランには3種類あり、「週末プラン」は金曜・祝前日から月曜・祝翌日までの連続する最大3日間が乗り放題になります。価格は普通車8000円です。

「ゆったりプラン」は、曜日に関係なく同社路線が4~6日間乗り放題になるもので、普通車の価格は4日間用が1万700円、5日間用が1万1700円、6日間用が1万2700円となっています。

例えば、大沼公園IC~士別剣淵ICまで走行すると普通車の通行料金は片道1万850円ですが、4日間用のETC乗り放題プランを利用して往復した場合、料金が50%オフ以上になる計算です。

ETC乗り放題のほぼ全プランを再開

また、本州~北海道を結ぶフェリー8社と組み合わせる「フェリー限定プラン」も用意されていて、価格は7日間用が1万3600円。1日あたり1000円を追加することで有効期限を最大14日まで延長可能です。なお、提携フェリーも特別割引料金で乗船できます。

NEXCO中日本の「速旅」は、ETC乗り放題と提携施設の利用をセットにしたプランを数多くラインアップしていることが特徴です。また、利用にあたっては速旅会員になる必要があり、その際に利用するETCカードや連絡先のメールアドレスなどを登録する仕組みです。

速旅については、7月1日現在で提携施設側の準備が整わない9プランを除き受け付けを再開。提携先にはショッピングモールやホテル・旅館、ゴルフ場などさまざまな施設が用意されています。なお、ホテルや旅館などは事前予約が必要なほか、施設によってはスマホ認証を利用することもあるので要注意です。

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件