無印良品、絞って使うマイバッグ オシャレで大容量だが使い勝手は…

lifestyle

7月1日のレジ袋有料化により、マイバッグが注目されている。無印良品では150円(税込)で買える綿のマイバッグや、ポリエチレンシートを使った丈夫なトートバッグ、撥水加工を施したモノなどさまざまなマイバッグを販売中。

その中で、『絞るだけで包めるポケッタブルバッグ』(税込1,490円)が注目されていたため紹介したい。

画像をもっと見る

■コンパクトなのに大容量

ポケッタブルバッグとあって、普段は小さくたためるサイズ。しかし、袋から展開すると風呂敷のようになっており、直径約90cmほどの大きさまで広がる。

本体重量は約105gとかなり軽いが、最大積載量は約20Lで耐荷重は約20kgと、かなりタフな作りで頼もしい。買い物以外のシチュエーションでも活躍しそうだ。

関連記事:コロナで大量に余った生花を… 無印良品の発表に「さすが」の声

■風呂敷のように包むだけ

早速、大きさの違うペットボトルなどを包んでみることにした。中央に物を置き、左右にある紐を絞る。少し力が必要なことと、絞り方にコツがあるため、慣れないうちは少し大変かもしれない。

絞り終えたら、紐に付いているストッパーで固定するだけ。

あとは紐で口を結べば完成。スーパーで利用する際には、カゴにポケッタブルバッグを敷いて、そのまま商品を包むと便利だろう。袋詰めの手間がかなり短縮できそうだ。

ただ、口は完全には閉じない作りになっているため、包む際には気を付けてほしい。

■肩がけ時は要注意

ちなみに、肩にかけるとこんな感じ。先ほどのペットボトルでは重くて肩にかけるのは難しかったため、ぬいぐるみを2つほど入れて撮影。

大容量を包むことはできるものの、肩がけで持ち運びするというのはあまり向いていないと感じた。もしも、多めの買い物をするときには気を付けてほしい。

包む量が少なすぎるとくしゃっとした形になるため、バッグの見た目が気になるという人もいるかもしれない。また、収納用の袋にしまうのがやや難しいので、その点も注意してほしい。

■オシャレで機能的だが…

無印良品らしい無駄のないデザインでありながら、大容量にも対応した機能性を持っている『絞るだけで包めるポケッタブルバッグ』。しかし、使うシチュエーションを少し選ぶため、メインのバッグというよりは、サブで持っておくというのが無難かもしれない。

・合わせて読みたい→無印良品、マスクを洗う時に絶対欲しいアイテム 350円で永久に使える

(取材・文/しらべぇ編集部・二宮 新一)

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件