ドンキ、激安マスクの販売を延長するも… 安すぎて消費税がネックに

lifestyle

豊富な品揃えと、店舗独自のユニークな試みが魅力の『ドン・キホーテ』。常識に捕われないキャンペーンを打ち出し、多くのユーザーのハートを掴むことに成功している。

■理外の1桁価格

ドンキの新宿東南口店では、「新しい生活様式」において必須アイテムであるマスクを、なんと10円で販売開始。あまりの安さに多くのユーザーが衝撃を受けたが、ドンキの快進撃はまだまだ止まらない。

なんと10円からさらに値下げを行ない、マスクの価格は1枚9円に。平日の午前中しか買えないとはいえ、良心的すぎる価格設定に救われたユーザーは多いことだろう。

関連記事:『ドンキ』のマスク在庫が防波堤レベルに ユーザーからは不安の声も…

■細かいところに手が届く

通常、マスクはセット販売をしているケースが多いため、「たまたま出先でマスクが1枚必要になった」「手持ちのマスクをうっかり落としてしまった」など不測の事態が起こった際、わざわざマスク1枚のためにまとまった金額を支払うのが億劫という人は少なくないはず。

しかし同店を活用すれば、超がつくほど良心的な価格でマスクを単品購入することが可能なのだ。元々は6月限定のキャンペーンであったが、7月中の延長を決定。さらに1人当たりの購入限度数が1枚から3枚へと大幅にアップしている。

■2枚以上買う際の注意点

と、ここでマスクを2枚以上購入した際に発生する壁について考えたい。そう、消費税の存在である。

9円のマスクを1枚買う場合は消費税は0.9円となり切り捨てられるのだが、9円のマスクを3枚買った場合は税抜き価格が27円に。結果として2円分の消費税が発生し、トータル額は29円となってしまうのだ。

■ドンキに事情を聞くと…

日常生活を送る上で、10円未満の商品を買う機会などそう多くはない。恐らく大多数のドンキユーザーがこの仕組みを見落としていると思われるが、念のため記者は同店舗に事情を聞いてみた。

元々は消費税の発生を抑えるため、10円のマスクを9円に値下げした同店。残念ながらマスクを3枚買った際は、やはり無慈悲な消費税が発生してしまうとのこと。しかし「3枚のマスクをバラバラに買えば…もちろん消費税は発生しません…」と、何やら意味深なヒントも発してくれた。

現在のところ、ドンキ以外にマスクのバラ売りを行なっているショップは見かけないが、ニーズに応じて同様の形態が増えていくこともじゅうぶん考えられるだろう。

・合わせて読みたい→ドンキ、店頭のマスク在庫数に異変 店側の本音があまりに悲痛だった

(取材・文/しらべぇ編集部・秋山 はじめ)

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件