MotoGPアンダルシアFP1:ビニャーレス、ロッシのヤマハ勢がワンツー! 中上は8番手

sport

第2戦スペインGPから連戦となったMotoGP第3戦アンダルシアGP。非常に暑いコンディションとなった前戦に引き続き、現地は晴天に恵まれた。

同一サーキット2連戦の2戦目ではあるがコースインが遅れるようなことはなく、セッションスタートから間を開けずに、各ライダーはコースへと飛び出していった。

なおスペインGPで怪我を負ったマルク・マルケス(レプソル・ホンダ)、カル・クラッチロー(LCRホンダ)、アレックス・リンス(スズキ)の3名は全員メディカルチェックを通過したが、コースインはクラッチローとリンスのみだ。マルケスは土曜日から状態をチェックするとチームは明かしている。

セッション序盤に速さを見せたのはKTMのポル・エスパルガロ。コースインして4周でスペインGPでの自身の予選Q2タイムに匹敵する1分37秒497を記録しトップタイムとなった。

クラッチローは一度コースに出た後6周ほど走行すると、ピットに戻り医師の触診を受けている姿も見られた。そのクラッチローだが、ルーチョ・チェッキネロ代表によると痛み止めを飲んだだけで鎮痛剤の注射はしていないという。

セッション中盤はポル・エスパルガロにペトロナス・ヤマハSRTのフランコ・モルビデリとファビオ・クアルタラロ、さらにマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)が並び、スペインGPで好調を見せていたライダーが順当に並んできた。

しばらくタイム更新は控えめだったが、セッション終盤になってジャック・ミラー(プラマック)が1分37秒867を記録。3番手に浮上してきた。またイケル・レクオナ(テック3)がルーキーながら6番手に食い込んだ。

アタック合戦は続き、残り5分を切るとモルビデリが1分37秒416をマークしてトップタイムを更新。彼はさらにアタックを続けると2周連続で同タイムを記録した。ただ後方からはモルビデリの師匠にあたるバレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)がセクターベストを刻んで迫っており、1分37秒205をマーク。トップタイムが入れ替わった。

またルーキーのブラッド・ビンダー(KTM)もアタックに入ると1分37秒370を記録し、ポル・エスパルガロを上回って2番手につけてみせた。

セッション時間終了直前にはビニャーレスも一気にタイムを短縮し、1分37秒247で2番手に割って入った。

ビニャーレスはそのまま最終アタックを継続。1分37秒063でFP1トップタイムを記録し、セッション終了となった。2番手にはロッシ、3番手にはルーキーのビンダーが並んだ。

中上も終盤のアタックでポジションを上げており、1分37秒592で8番手タイムとなった。

なおスペインGPの勝者であるクアルタラロは13番手タイムに留まった。

負傷を押してセッションに参加したクラッチローとリンスは、それぞれ20番手と21番手。特にリンスは他のライダーが20周ほどの走行を重ねた中、8周の周回に留まり最後尾に終わった。

Read Also:

  • 骨折もレース復帰目指すマルケス、走行は土曜日から。ホンダ「彼はリスクを承知」
  • MotoGP、黄旗時のスローダウン義務を明確化。第2戦のFP3と予選時のトラブル受け
  • ヤマハ、信頼性問題に直面か。検査のためエンジンを日本に送る
  • マルケスの出走に異論はない……エスパルガロ兄「メディカルチェックを信頼」
順位 ライダー 周回数 タイム 前車との差 平均速度
1 マーベリック ビニャーレス 21 1'37.063 164.046
2 バレンティーノ ロッシ 20 1'37.205 0.142 0.142 163.806
3 ブラッド ビンダー 19 1'37.370 0.307 0.165 163.528
4 フランコ モルビデリ 20 1'37.416 0.353 0.046 163.451
5 ポル エスパルガロ 18 1'37.442 0.379 0.026 163.407
6 ミゲル オリベイラ 17 1'37.492 0.429 0.050 163.324
7 ジャック ミラー 18 1'37.566 0.503 0.074 163.200
8 中上 貴晶 19 1'37.592 0.529 0.026 163.156
9 アレイシ エスパルガロ 16 1'37.735 0.672 0.143 162.918
10 アンドレア ドヴィツィオーゾ 20 1'37.739 0.676 0.004 162.911
フルリザルトを見る

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件