上原浩治氏、張本勲氏の矛盾を笑顔で指摘 発言に「アッパレ」相次ぐ

lifestyle

26日放送の『サンデーモーニング』(TBS系)で、ゲスト出演した元読売ジャイアンツ・上原浩治氏が張本勲氏の矛盾を指摘する場面があり、「アッパレ」の声が相次いでいる。

■サッカー選手の海外移籍に持論

番組では海外で活躍する日本人サッカー選手の様子を紹介。イタリア・セリアAのボローニャに所属する冨安健洋選手が、ACミラン戦でゴールを決める様子を取り上げる。

関口宏は反応のないコメンテーター2人に「アッパレ?」と質問。すると張本氏は、「いやあ、アッパレじゃなくて、ヨーロッパの選手の壁が厚いですよ。21年ぶりだと言うからね。それでもやはり、世界で通用するようになりましたからね、日本のサッカー選手も。非常に良いことだと思いますよ」と、活躍を称賛した。

関連記事:張本勲氏、コロナ疑いの巨人選手に苦言 「振り返ったらどっかで何かしてる」

■上原氏が張本氏に笑顔で…

続いてコメントを求められた上原氏は、「いやあ、こうやってね、サッカーの選手もどんどんが海外に行ってるわけですから。野球のほうもどんどん行っても良いんじゃないかなと思うんですけどね、張本さん」と、日本人プロ野球選手の海外移籍に否定的にもかかわらず、サッカー選手は「良いこと」と話した張本氏の矛盾を笑顔で指摘する。

思わぬ発言を受けた張本氏だが、怒ることなく笑顔で「ダメ、ダメダメ」。関口とアシスタントの唐橋ユミも思わず笑ってしまう。苦言にも思えたが、2人の良好な関係もあってか、和やかなムードが流れた。

■上原氏に「アッパレ」

以前の出演回でも張本氏のメジャー嫌いに「喝」を入れたことがある上原氏。今回も恐れず矛盾を指摘したことについて、「さすが上原。アッパレ」「みんなが思っていたことを言ってくれた」「張本さんに物申せるのは上原さんくらいのもの」と称賛の声が上がる。

また、怒ることなく笑いながら「ダメ」と話した張本氏にも「心が広い」「なんだかんだ言われても一定のリスペクトを受けているのはこの辺じゃないか」と褒める声が出た。

■視野を広げてほしいとの声も

日本人サッカー選手の海外移籍は容認するが、野球はダメと話す張本氏。日本プロ野球界を思ってのことなのだろうが、レベルアップや野球人口拡大に役立つ側面もあるだけに、「視野を広げてほしい」という声が一定数存在する。

しらべぇ編集部が、全国10~60代の張本勲氏を知っている男女1,110名に実施した調査では、スポーツに詳しく、同氏の評論を長く視聴している40~60代の男性の4割が「視野を広げてほしい」と回答しているのだ。

張本氏に「物申せる」存在が少なくなりつつある昨今。親子ほど年齢が離れていながら、恐れずやんわりと苦言を呈すことができる上原氏は、野球界にとって貴重な存在だ。

・合わせて読みたい→張本勲氏、6月開幕目標のNPBに反対 「コロナと共存すべき」の声も

(文/しらべぇ編集部・佐藤 俊治)

【調査概要】 方法:インターネットリサーチ「Qzoo」 調査期間:2019年5月17日~2019年5月22日

対象:全国10~60代の張本勲氏を知っている男女1110名(有効回答数)

関連記事

関連コンテンツ

最新ニュース20件